アイコン 中国東方航空 ボーイングにMAX機停止の費用の補償を求める

 

 

中国東方航空は10日までに、最新鋭旅客機ボーイング737MAX8の墜落事故に伴う運航停止で代替機の準備など経費負担が発生したとして、米航空機大手ボーイングに補償を求めていることを明らかにした。

中国共産党機関紙人民日報系の環球時報が伝えた。

中国当局によると、中国の各航空会社は計96機のMAX8を所有。補償請求の動きが拡大する可能性があり、ボーイングにとっては痛手となる。

環球時報によると、東方航空は傘下の上海航空などがMAXを計14機所有。エチオピア航空のMAX8墜落事故に伴い、中国当局が3月11日に運航の一時停止を通知し、米国でも停止措置が取られている。

以上、

スポンサード リンク

当然、補償することになる。半年間であらゆる補償費用の合計で50億ドル発生すると見られている。それより再承認が長引けばさらに補償額が増加する。トランプ大統領が停止命令を出すまで、安全だぁ、安心だぁと米国で飛行させ続けていた米FAA(認証機関の米連邦航空局)は、今や信用されておらず、停止措置をとった国々で再承認が必要となる。

スポンサード リンク
[ 2019年4月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ