アイコン 中国トロール船 停泊中の22人乗りフィリピン漁船を沈没させ放置

 

 

フィリピン国防総省によると、南シナ海で6月9日、中国のトロール漁船がフィリピンの停泊中の漁船に衝突し、沈没させた。
同省は、漁船にはフィリピン人の乗組員22人が乗船していたが、中国船は沈没船の乗組員を救出せず放置した。乗組員たちは数時間海上に漂い、同省は船員を生命の危機にさらしたとして、強く非難している。
デルフィン・ロレンザナ国防長官は12日、マニラで開いた記者会見で「私たちは最も強い条件で、(沈没させた)フィリピンの乗組員を放棄した中国船とその乗組員の臆病な行動を非難する」と述べた。
長官によると、衝突は9日夕方、同国西部のリード礁付近の排他的経済水域 (EEZ) 内で発生した。
フィリピン漁船は当時、停泊しており、衝突により沈没した。船に残された22人の乗組員は、後にベトナム漁船に救出された。
長官は、ベトナム漁船の船長および乗組員の行動に謝意を示した。フィリピン沿岸警備隊によると、フィリピン漁船はミンドロ島から出発した。
国防長官は、中国政府に対して、事件に関する調査の実施と、事件再発防止のために外交的措置を講じることを求めた。

スポンサード リンク

ここ数ヶ月、フィリピン海域では中国の船舶が多数確認されており、国内で大きなニュースとして取り上げられている。
フィリピン軍は、2019年1月からパグアサ島付近では、600隻以上の中国船を監視していると発表している。
以上、

当初、中国は島嶼を埋め立てるときに1000隻の漁船を動員して、他国船の進入を妨害し続け、その間に埋め立てていった。
フィリピンが占有している島嶼は、中国が埋め立てた島嶼の北側にもあり、いつ強奪されるかわからない。西沙諸島もベトナム戦争のさなか、ベトナムから強奪して今ではミサイル基地まで建設している。それ以来、付近で操業しようとするベトナム漁船を中国軍船が攻撃したりして駆逐している。

 フィリピンのドウテルテ大統領は中国ににじり寄りたいようだが、首都マニラがあるルソン島の国民の領土問題に関する反中感情は大きく、インドネシアやマレーシアに近いミンダナオ島ダバオ出身のドウテルテはしり込みしている。
中国のトロール船は、救助する際、ほかのフィリピン漁船から囲まれたら怖いことから、その場を離れ救助しなかったというが、単なる言い訳に過ぎない。

22人は漁船の残骸につかまり海上で2時間ほどさ迷い、仲間のフィリピン漁船に救助されたという。
中国は好きかつてに南シナ海は、シナの字が入っているとおり中国に領有権があるとして、かつてに9段線を敷き、7つの島嶼を埋め立て、レーダー基地やミサイル基地を建造している。

南シナ海の中で、島嶼を占有する台湾・ベトナム(中国とは政治的には犬猿の仲)・フィリピン(調子者の政権)・マレーシア(親中は前政権/現在は異なる)・インドネシア(親中親韓政権)を追い出す考えだ。

中華思想に基づく一帯一路の覇権軍事戦略は、南シナ海⇒インド洋⇒アフリカ⇒ギリシャ⇒ロンドン⇒中南米⇒南太平洋⇒中国へと地球を一周する戦略、すでに多くの国々を公共投資を名目に勧誘し借金の漬物国にして攻略済み。
返済できない場合は、99年間、港湾を貸与させ、実質割譲させ、軍事拠点化し占拠しようとしている。

0618_01.jpg

 
[ 2019年6月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ