アイコン 最悪の日韓関係 韓国やっと深刻な状況と気づく・・・ジャパン・パッシングの反動

 

 

日韓慰安婦合意に基づく財団の一方的解散
右も左も反日無罪でこれまで言いたい放題の韓国国会議員
1965年協定に基づく日本政府の申し入れを4ヶ月以上無視し続けた韓国政権

韓国紙は次のように報じている。
日本を訪問している韓国国会外交統一委員会の議員5人(野党の重鎮たち)は29日、東京で行われた韓国メディアとの懇談会で、日韓両国間の雰囲気が予想以上に冷え込んでいることを実感したと話した。

尹相現外交統一委員会委員長を始め、兪奇濬、鄭鎮碩=以上、野党・自由韓国党=、千正培=野党・民主平和党=、李貞鉉=無所属=の各議員は28日から1泊2日の日程で議員外交のために日本を訪れた。
しかし、予定されていた日本の衆議院外務委員長との面会は拒絶され、なんとか面会の約束を取り付けた参議院でも当選1回の比例代表選出議員1人が応対しただけだったという。
 
尹委員長らは訪日する1週間前から駐日韓国大使館を通じて衆議院外務委員長との面会を申し入れ、徴用問題での韓日対立の解消に向けて意見を交換したいとの意向を伝えていたという。
しかし、韓国議員団によると、衆議院外務委員長を務める若宮健嗣議員側は、韓国側の連絡を避けているかのように、面会要請に返答せず、明確な理由も示さなかったという。

スポンサード リンク

尹委員長は懇談会で「日韓関係がどれほど悪化しているのか、東京で肌で実感した。「コリア・バッシング(韓国たたき)」が深刻だ」と述べた。
韓国海洋水産部(省に相当)長官を務めた兪奇濬議員は「日本には何度も来ているが、こんな礼遇は初めて」と話した。

一方、31日からシンガポールで開催されるアジア安全保障会議(シャングリラ会合)に合わせて推進されていた日韓国防相会談は保留になったことが分かった。
来月28~29日に大阪で開催される主要20ヶ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で、日韓首脳会談が行われるかどうかも依然として不透明。
このように、日韓の首脳、また両国の国防相間のチャンネルが行き詰まる中、これまで日韓関係が悪化しても続いていた議員外交までもが冷え込んでしまった。
以上、韓国紙参照

反日無罪でやりたい放題・いいたい放題の韓国の政治家、歴史清算と称して、国を挙げて日本パッシングを続ける韓国の政治家たちに、日本がどうして対応できよう。
韓国の国会議員たちの過去・現在の言動は一人ひとり、日本で記録されている。

非武装の日本のEEZ内の海上自衛隊哨戒機に対して、ミサイル発射の管制レーダー照射問題でも、否定するどころか居直り通した挙句、今後、3海里以内に入ったら、撃ち落とすぞと警告する有様。
2018年10月の韓国の国際観艦式では、艦船は国旗だけしか認めず、海上自衛隊の隊旗の旭日旗を認めず、文大統領の座乗艦を「独島」にするぞと脅し日本は不参加表明。
蓋を開ければ参加国は海軍旗ばかり、大統領の座乗艦も反日のシンボルとして李瞬臣旗を掲揚するなど徹底した反日攻勢。
日本に対して、そんな敵対する韓国の国会議員たちと会う必要があるのだろうか。
野党議員といっても、慰安婦財団解散問題や元徴用工賠償問題も含め、こうした日韓問題を、国会や記者会見で一度たりとも問題提起したことがあるのだろうか。
すべて迎合しておいて、野党面されても、日本政府が困るだけだ。

これはけっして「コリア・バッシング(韓国たたき)」ではない。
これまで日本との対話もせず、反日策動を乱発する、させ続ける韓国側の「ジャパン・パッシング」に対する日本国として自然な対応だ。

12月20日のレーダー照射問題、1月9日の1965年協定に基づく協議申し入れを無視され続けた日本は、どうやって韓国側と話し合いができようか。
韓国側がなんら方策を持たずして、話し合いなどできるわけがない。時間の無駄だ。
竹島・旭日旗・慰安婦・元徴用工・次は何を出してくるのか。

韓国側が金大中元大統領を拠り所にするのならば、その当時の金大中氏の対日政策を文政権は見習うべきではないだろうか。
反日を煽り立てて、選挙には勝てようが何の得と策があるというのだろうか。文氏は個人の好き嫌いで政治は行うべきではない。

また、国会議員さえ動かす韓国の新聞社ほど、国民洗脳機関としての役を演じきり、言いたい放題、なんら責任も感じず、無神経な報道機関はない

 
[ 2019年5月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ