アイコン 韓国 カップを足で踏みつけ優勝剥奪 U18パンダカップ 中国カンカン

 

 

何かおかしくなっている韓国、大統領も軍隊も労働組合もサッカー選手たちも、異常性が際立っている。
奢れる者は久しからず。
中国・成都で開催されていたサッカー男子U18の国際大会「パンダカップ」で、優勝した韓国代表チームの選手が、トロフィーを足で踏みつけ、中国側の激しい怒りを買っている。

大会組織委員会も「優勝トロフィーは中国サッカー協会のサッカー博物館に展示される予定だった。韓国の選手らの行動はパンダカップに対する深刻な侮辱だ」と怒りが収まらない。

この問題で、韓国チームは30日、中国に公式に謝罪したが、中国人たちの怒りは収まらず、中国の現地メディアは、「中国のパンダカップ組織委員会は、韓国U18に授与した優勝トロフィーを剥奪することを決めた」と報じた。

スポンサード リンク

「事件」は29日に起きた。
同日行われた最終戦で韓国は3-0で中国を破り、優勝を決めた。
その後の優勝セレモニーで、ある選手が優勝トロフィーの上に足を乗せた、踏み付けた。
現地メディアによると、韓国チームの選手の中にはトロフィーに向かって「用を足すしぐさ」を見せる選手もいたという。
 
大韓サッカー協会の関係者は、「優勝後にはしゃいで自由な感じでポーズを取っているときに、このようなことが起きたようだ」と苦い表情で語った。
 
大韓サッカー協会は30日未明に中国サッカー協会と成都サッカー協会に文書を送り、謝罪の意を示したが、中国人たちの反発は収まらなかった。
 韓国チームのキム・ジョンス監督と選手たちは、状況悪化を受けてホテルで緊急記者会見を開き、謝罪した。
キム監督は「良い大会に招待してもらったのに恥ずかしい行動を取ったことについて謝罪する。今回の件は完全に私の過ちだ。中国国民の感情を傷つけたことについて、重ねて謝罪する」と述べた。
 今後への悪影響も予想される。中国国民の「嫌韓感情」を刺激するとの懸念もある。

 大会を主催した成都サッカー協会の関係者は、中国メディアとのインタビューで「今後、韓国チームは大会に呼ばれないだろう」と述べ、不快感を隠さなかった。
また、別の関係者は「韓国はパンダカップと全ての参加国、ファンを侮辱した」と非難した。
 優勝カップの剥奪という史上初の事態まで引き起こし、韓国サッカーの対外イメージは少なからぬ打撃を受けた。
以上、韓国紙参照

いつぞや、日本選手を追っかけまわす暴力事件も起こしていた。
これまでこうした不祥事を裏でこそこそ沈静化させていたのがFIFA名誉会長鄭夢準(現代のボンボン)、しかし、世界中に金をばら撒き6年間の資格停止処分を受けている。甥っ子の鄭夢奎(韓国サッカー協会会長)もこのたび理事を落選し、助け船を出す人物はもういない。
監視の目がきつく世界の警察が動いており、金で理事や副会長になれる時代ではない。それで選出されるのに必要なのが信用・信頼性・人望だ。
韓国のサッカー選手たちも、最低、常識は身に着けよう。

0531_01.jpg

 
[ 2019年5月31日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ