アイコン 中国 レアアースを戦略資源へ位置付け加速 世界の生産量と埋蔵量

 

 

世界需要の8割を供給する「独走状態」の中国のレアアース

多くの人はレアアースをあまりよく知らないし、レアアースがなぜ石油に匹敵する戦略資源になったかを知らないと思われる。
簡単に言えば、レアアースとは、典型的な金属元素のグループであり、珍重される理由としては、埋蔵量が少なく、再生が不可能であり、分離・精製・加工の難度が高いからだけではなく、さらには農業、工業、軍事などの産業に幅広く応用され、新材料製造における重要なよりどころであり、また最先端の国防技術開発に関わるカギとなる資源であり「万能の土」と呼ばれていることによるもの。
 
<レアアースがなければ世界はどうなる>
以前、米「ウォール・ストリート・ジャーナル」が、この問いに答えを出していた。
レアアースがなければ、テレビのモニター、パソコンのハードディスク、光ケーブル、デジタルカメラ、大半の医療用画像機器がなくなってしまう。
レアアースには強い磁石を作り出せる元素があり、この強い磁石が米国国防システムのストックする弾道ミサイル誘導システム全体に関わる極めて重要な要素であることを知る人は少ない。
レアアースがなければ宇宙船の打ち上げや衛星に別れを告げなければならないし、世界の石油精製システムも稼働停止になる。
レアースは未来の人々がより重視することになる戦略資源だとしていた。
スポンサード リンク
 
<中国が87.5%供給>
「中東には石油があり、中国にはレアアースがある」。この言葉から中国レアアース資源の重要さがうかがえる。
中国のレアアース鉱山の埋蔵量は世界一で「独走状態」にある。
2015年の埋蔵量は5500万トンで、世界全体の42.3%を占め、どっしりと世界一の座に座った。中国は17種類あるレアアースをすべて提供できる唯一の国でもあり、特に軍事用途が突出した重レアアース(重希土類)でより多くのシェアをもつ。
 
中国の白雲鄂博鉱山(北京の西北西、内モンゴル地区)は、世界最大のレアアース鉱山であり、中国レアアース資源埋蔵量の90%以上がここにあり、現地は「レアアースの都」と呼ばれる。
 
中国のレアアース埋蔵量は多いが、「独占」状態にはほど遠い。とはいえ、2015年の世界レアアース生産量は12万トンで、中国の寄与分は10万5千トンに上り、世界シェアは87.5%に達した。
探査が十分に行われていない状況の中でも、世界のレアアース資源の確認埋蔵量は1千年分の採掘をまかなえるほどといい、世界規模でみるとレアアースはそれほど不足していないことがわかる。
中国の世界レアアース市場への影響力は、埋蔵量でなく生産量により多く集中して現れている。
 
<アメリカの地質調査所の見解資料では>(人民日報の記事外)
・中国以外最大のレアアース生産会社はオーストラリアのライナス社、鉱山は豪州にある。2万トン生産)
・米国へのレアアースの輸入先は、中国の次はエストニアとなっている。
・ほかモンゴルや北朝鮮にもかなりの埋蔵量があるとされている
下記表で米国の埋蔵量は国立公園など採掘できない場所を除外していると見られる。)
レアアース生産量と埋蔵量
 
生産量
埋蔵量
アメリカ
15,000
1,400,000
1.2%
オーストラリア
20,000
3,400,000
2.8%
ブラジル
1,000
22,000,000
18.3%
ブルンジ
1,000
 
 
中国
120,000
44,000,000
36.7%
インド
1,800
6,900,000
5.8%
マレーシア
200
30,000
 
ミャンマー
5,000
 
 
ロシア
2,600
12,000,000
10.0%
タイ
1,000
 
 
ベトナム
400
22,000,000
18.3%
その他
2,000
8,270,000
6.9%
合計
170,000
120,000,000
100.0%
・米地質研究所USGS 2018年版
 
米・日・欧が中国のレアアースを「買いたたき」>
世界のハイテク電子、レーザー、通信、超伝導などの材料ニーズが幾何級数的に増大すると同時に、米国や日本などの先進国がレアアースの技術革新を絶えず拡大して、レアアース資源に依拠した大量のハイテク軍事装備や生活消費財を打ち出し、またレアース資源の戦略的備蓄の歩みを加速させている。
 
<米国にも1300万トンのレアアース資源>
1990年代には、米国、オーストラリア、カナダといったレアアース資源を保有する国が自国のレアアース鉱山の開発を制限したり停止したりする政策を実施し、転じて中国から輸入して戦略的備蓄を行っていた。
米国の埋蔵量は1300万トンで世界全体の約10%を占め、相対的に豊富だが、米国は自国の鉱山を開発せず、それどころか自国最大のマウンテン・パス鉱山を閉鎖し、モリブデンの生産とその他レアアースの採掘を全面的に停止し、中国から毎年大量に輸入して戦略的備蓄を行っている。
(オーストラリアの鉱山会社と米企業が合弁により米国で精錬を開始する)
米国は、1950年~2000年では、世界のレアアース産出量の97%を占めていた(米内務省報告書)。
 
<日米備蓄?>
その結果、現在では米国や日本などが購入し備蓄する高品質の単一レアアースは少なくとも20年分の工業生産をまかなえるほどの量があり(40年以上と伝えるメディアもある)、先進国の資源貿易企業と資源生産企業が国際レアアース価格を完全にコントロールするようになった一方で、中国のレアアース埋蔵量が急速に減少している。
 
中国がレアアースの採掘の規範化や環境保護などを考え、相応の輸出割当措置、輸出制限措置などをとってレアアースの輸出量を減少させると、米日欧は次々にじっとしていられなくなり、2009年には中国の原材料輸出規制を世界貿易機関(WTO)に提訴した。
 
<世界の必要量は12万トン>
「世界が一年で必要な(レアアースの)量は12万トンに過ぎず、非常に少ない量であり、さらにこのうちの多くの部分が戦略という将来ビジョンをもつ国により備蓄されている・・・本当に(レアアースが)必要な一部の応用に強い国はとっくに中国のレアアースを低価格で買い入れて大量に備蓄しており、現在の中国のレアアース調整コントロールが、こうした国々にとって根本的な脅威になることはない。
こうした国々は大騒ぎして中国を押さえ込み、実際には中国に引き続き不合理な低価格でレアアースを供給させると同時に、中国の独自の優位性を備えた戦略的資源を消耗させたいのだ・・・これこそまさにレアアース輸入大国たちが中国と渡り合うときの手段だ」と指摘する学者がいる。
<米ESI所長の見解>
米国の経済戦略研究所(ESI)のクライド・プレストウィッツ所長は、「中国のレアアース輸出制限の長期的経済戦略は大口商品の純粋なサプライヤーという立場から抜け出し、高付加価値で、技術のウェイトが高く、技術熟練度の高い製品の生産に転じたいからだ。歴史を振り返ると、英国も米国もこのようにやってきた。このようなやり方で豊かになった国が、今、同じような状況をルールに合致しないとしているのは、どう考えてもおかしな道理だ」と指摘した。
 
レアアースの過度の採掘、低価格の輸出がもたらすものは、戦略資源の流出、環境破壊、WTOで「苦しい状況を言い出せない」といった問題だけでなく、「資源の呪い」もある。
中国は、自然資源の輸出を中心とするエコノミーではないが、資源の豊富さに対して工業化や経済成長が遅いという「資源の呪い」現象が、中国のレアアースをはじめとする希少金属産業に広く存在する。
長年にわたり、国の利益、地方政府の利益、個人の欲望がレアアースなど希少金属資源の問題では折り合うことができず、そのせいで中国のレアアースは中東の石油のように大きな利益をもたらさなかっただけでなく、米・日など一部の国に虎視眈々と狙われて買いたたかれた。
 
<レアアースを戦略物資へ>
レアアースの戦略的地位は現在、軍事分野でも工業、農業の分野でも代替が難しい。これはつまり、少なくとも未来の新技術革命後の相当長い期間、レアアースの先端の生産活動における重要な地位は揺るがないということであり、レアアース技術応用分野も各国が先端の生産活動を行うための「要衝」になるということだ。
 
現在、米国が認定した戦略元素35種類と日本が選定したハイテク元素26種類には、レアアース元素がすべて含まれる。
日、英、ドイツ、フランスなどの工業先進国にはレアアース資源がないが、世界トップレベルのレアアース応用技術がある。
こうした国々は、レアアースを自国の経済・技術発展にとって極めて重要な役割をもつ戦略元素とみなしている。
 
レアアース金属資源における中国の唯一無二の独占的地位をどうやって十分に利用するか。
まもなく訪れる新技術革命という貴重なチャンスをどうやってつかまえるか。
豊富で安価なレアアース資源を他国ではなく中国の新エネルギー・新材料の研究応用といった高い品質の生産プロセスにどうやって投入するか。
これが、今後のレアアースをはじめとする希少金属資源の利用で最も努力すべき方向性であり、また唯一の方向性でもある。
以上、中国(人民日報)の言い分ほか
 
結果、レアアースは世界に存在するが、中国が安価に生産することから、米国などが生産を止めたともみられる。
労働コストのほか、露天掘りか鉱脈トンネル採掘かで生産コストは大幅に異なる。
レアアースの生産も精錬が必要で、環境破壊や大気汚染を伴う。
 

 
[ 2019年6月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ