アイコン 中国に対するトランプ砲 第4段 9月1日から実施と 3000億ドル相当

 

スポンサード リンク

トランプ米大統領は8月1日、ツイッターで、中国の上海で7月末に行われた米中貿易の閣僚級協議の結果、見送っていた3000億ドル相当の中国製品に適応する関税を、9月1日から10%で開始すると発表した。

ホワイトハウスのグリシャム大統領報道官の31日の発表によると、両国の代表団は、技術の強制移転、知的財産権、サービス産業、非関税障壁、農業に関して協議した。中国側は、米国の農産品の購入を拡大することを確約したという。

トランプ大統領は8月1日のツイッターで、5月に行われた米中貿易の閣僚級協議でまとめた内容を、中国側が振り出しに戻したことについて不満を述べた。さらに、米国からの農産物を大量購入する約束を交わしたが、今日まで果たされていないと指摘した。
また、中国側が、中毒性が高く過剰摂取により死に至る鎮痛剤フェンタニルの輸出規制を行っていないとし、「多くのアメリカ人が死に続けている!」と問題を強調した。
G20大阪サミットで、6月29日に行われた米中首脳会談では、通商協議の再開で合意し、米国が対中関税第4弾の発動を当面見送ると表明していた。

5月13日に米国通商代表部(USTR)が発表した、3000億ドル相当の中国製品を対象にした追加関税リスト4には、携帯電話やノートパソコン、玩具、ビデオゲーム機器、パソコンモニターなど消費財が多く含まれる。
医薬品や医療機器、レアアース、重要な鉱物などは対象外としている。
トランプ大統領は「包括的な貿易協定について、中国と積極的な対話を続けることを楽しみにしている。両国間の将来は非常に明るいものになると信じている」と締めくくった。
以上、

先日、トランプ大統領は、中国は米大統領選まで持ち込むなと警告していた。
また、アップルの適用除外申し入れも却下していた。
米国は消費は絶好調ながらFRBが今回、製造業の先行きを懸念して金利を下げたことで、今後FRBFが意のままになると確信したようだ。
そのため、9月からの制裁の殆どが、米企業が中国で直接・間接に製造して、世界へ、米国へ輸出している物品であり、最大市場である米国の消費者や流通業者にとって、多大なる影響が直接的に出るものと見られる。

トランプ氏にとっては、中国タタキは票になると確信しており、先日、報道機関で唯一信頼を寄せるFOXニュースが、民主党のバイデント候補が戦う相手になった場合、トランプ大統領を10%引き離して勝利すると世論調査も交え発表した。これに対し、激怒してFOXニュース批判を展開。選挙に向け、自らに不利な情報を流すなと警告したようだ。
こうした世論調査に対して、トランプ大統領も実はかなり焦っているようだ。
中国タタキは民主党支持層にも支持されている。

 

トランプのツイッター砲
Trump says US will impose 10% tariffs on another $300 billion of Chinese goods starting
 ...during the talks the U.S. will start, on September 1st, putting a small additional Tariff of 10% on the remaining 300 Billion Dollars of goods and products coming from China into our Country. This does not include the 250 Billion Dollars already Tariffed at 25%...

[ 2019年8月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ