アイコン 貿易世界戦争 米⇒EUに関税制裁へ 欧も報復か

 

 

アメリカ政府は、航空機メーカーへの補助金をめぐって対立するEU=ヨーロッパ連合に対して、約40億ドルにあたる輸入品に関税をかける追加措置を検討していると発表し、アメリカとEUの間の貿易摩擦が激しくなる。

アメリカとEUは基幹産業である航空機のメーカー、アメリカ「ボーイング」とフランス「エアバス」への補助金を互いに批判し合っていて、4月にアメリカがEUからの輸入品に関税を上乗せする方針を示したところ、すぐにEU側も報復関税をかける方針を示すなど対立が続いている。

さらにアメリカ通商代表部は7月1日、追加の対応として40億ドル、日本円で約4300億円にあたる輸入品に関税をかける措置を検討しているとしたうえで、そのリストを公表した。

対象はアメリカがEUから輸入するチーズやパスタ、ウイスキーなど89品目にわたり、発動に向けてはWTO=世界貿易機関の意見も考慮するとしているが、対象を拡大することでEU側に圧力をかけるねらいがある。

アメリカは中国との間で貿易をめぐる根深い対立が続き、関税を引き上げる報復合戦に発展しているが、EUとの間の貿易摩擦も激しくなる。
以上、

スポンサード リンク

米ボーイング社は737MAX機の墜落問題で、世界で飛行停止状態が続いている。この間に欧エアバス社は受注しまくっているのだが・・・。
航空機の最大の需要国である中国も、米中貿易戦争の切り札としてまだ残しているのか不明ながら、すでに使用していた分や納期遅れ分に対してボーイング社に補償請求を行っている。
難クセ太郎のトランプは、世界中で関税砲や貿易禁輸砲を撃ちまくっている。これで世界経済がおかしくならない方がおかしい。
トランプの大幅な法人減税も見方によっては一種の補助金だろう。
トランプ、このくらいのパワーがあれば、話し合いで解決できる分野がかなりありそうだが、力でねじ伏せるやり方は、まさしく戦争だろう。

韓国では、巨額粉飾決算から破綻状態の政府系の大宇造船海洋に補助金や出資金を大量投入して長らえさせるばかりではなく、世界中で新造船の受注を安値で取り捲らせている。日本などの造船国が問題提起したところ、韓国政府は現代重工に買い取らせる決定をなした。
ところが、今度は文政権の支援母体の労働組合が統合に抵抗している。

 
[ 2019年7月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ