アイコン 韓国の大学 アイドル・ワンちゃん酒の肴にされていた「カムスニ」君

 

 

韓国・京畿道の大学に出入りしている清掃業者の従業員が犬をキャンパス内で飼育した上で殺して食べたことから、学生や大学職員らが処罰を求めて警察に告発する騒動に発展している。 
警察は捜査に着手したが、処罰できるかどうかは不透明。現行法では遺棄犬(飼い主がいない捨て犬)を殺すことは違法だが、飼い主が所有する犬を殺すこと自体は違法ではない。

事件は今月5日、京畿道華城市(ソウル市南で隣接)にある水原女子大の海蘭キャンパスで学生らが構内に壁新聞を張って告発したことに端を発する。
大学と学生らの説明を総合すると、清掃業者の従業員が昨年12月ごろ、黒毛の子犬を連れてきて、構内のごみの分離収集所で飼い始めた。子犬をどこから連れてきたのかは不明。
学生らは子犬に餌を与えたり、毛並みを整えてやったりして可愛がった。「カムスニ」という名前も付けた。
ところが、先週からカムスニの姿が見えなくなった。学生らは大学側にカムスニの捜索を求めた。大学側が、清掃業者にカムスニの行方を尋ねたところ、従業員は「別の場所に引き取られた」と説明した。 ところが、事実は全く異なっていた。

スポンサード リンク

今年4月末ごろ、大学側は清掃業者にカムスニの引き取り先を探すように勧告した。カムスニが大きく育ち、「怖い」という苦情が寄せられたからだった。
実は清掃業者の従業員は5月11日にカムスニを犬の食肉処理場で処理し、肉を知人らと酒のつまみとして食べていた。

韓国では犬食文化があり、一定種の犬だけではなく、見境なしに食べる。夏の初伏の日だけでも約160万匹も食されるという。滋養強壮、精力増強、美容に良いとされ、陰暦の夏至の日から立秋までの「庚」の付く日の「中伏」まで、犬料理を食べて暑気を払う習慣がある。日本で鰻を食べる習慣と似ているが・・・。
ほとんどの食犬肉は、養犬場で飼育された犬で、屠殺場で処理されているが、古い体質の人たちは、そこらへんの犬まで食べてしまう。
そこで韓国では、伝染病感染の危険性からか、経済大国としてのミエからか、海外からの目を気にしてか、飼い主がいない遺棄犬を殺した場合は、法的な制裁を科している。

2016年9月には、ペット用大型犬のオールド・イングリッシュ・シープドッグが、飼い主の家から出てしまい、賞金まで付けて探していたところ、近くの老人たち4人が殺し、近くの公民館で焼肉パーティを開催して食べてしまったという。

2018年4月には、農業を営む男性(62)が、隣人がペット飼育するコーギー犬を殺して調理し、その肉を食べる夕食会に(何も知らない)飼主を招待して、その飼主も食べていたことが発覚していた。農業の男性は、いつも吼えて煩かったから殺害したという。
それぞれの食文化があり、一概に否定されるものではないが、人様がペットして飼っている犬を他人が殺して食べるとは、人の文化そのものの意識が問われる。

食べられてしまった「カムスニ」君(2歳)と20数キロもあるオールド・イングリッシュ・シープドッグ

0617_02.jpg

 
[ 2019年6月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ