アイコン 立川駐屯UH1ヘリコプター 訓練中不時着・後部へし折れる 隊員に命の別状なし

 

 

陸上自衛隊によると、21日午前10時ごろ、陸上自衛隊のUH1ヘリコプター1機が訓練中にトラブルを起こし、東京・立川市にある立川駐屯地内に不時着した。機体が大きく損傷したが、乗っていたパイロットの隊員2人の命に別状はないという。

陸上自衛隊がトラブルの原因を調べている。

ヘリコプターは立川駐屯地にある東部方面航空隊の所属で、着陸しようとした際に何らかのトラブルを起こしたと見ている。

以上、

スポンサード リンク

着陸時、何らかの原因でバランスを崩し、後部が地面に接触して折れたものと見られる。脚に問題はなかったのだろうか。

ヘリ後部が地面に接触したものの回転はしていないようで、周辺は一部しか地面の損傷は見当たらない。

0621_06.jpg

 
[ 2019年6月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ