アイコン 豪雨直後に桜島噴火 降灰に注意

 

 

4日、10時頃、鹿児島県の桜島が噴火。

噴煙は火口上3200mまで達したとみられている。噴煙が火口上3000mを超える噴火は3月14日以来。

スポンサード リンク
 

現在、桜島上空は西北西の風が吹いているため、噴煙は桜島の東側に流れると予想され、噴煙は高くまで上がったものの、噴火の継続時間はそれほど長くはないという。

垂水市など東側の地域は降灰に注意。

以上報道より参照



 

スポンサード リンク
 

[ 2019年7月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ