アイコン 北方領土墓参団が択捉島へ 墓地には行けず

 

 

18日朝、北方領土の元島民とその家族が島に残る先祖の墓を訪ねる「北方墓参」の一行が択捉島に向けて根室港を出発した。

北方墓参は人道的な観点から55年前の昭和39年に始まり、今回は元島民とその家族など51人が参加しているという。

以上報道より参照

ことし最初の墓参団は6月に国後島へ向かう予定でだったが、悪天候で中止していた。

なお、択捉島の4つの地区にある墓地を訪れる予定だったが、日本とロシアの当局間で調整がつかなかったため2つの地区には今回初めて上陸ができず、代わりに沖合で慰霊式を行うことになったため、一行は墓がある場所へいけないことに肩を落としていた。

 

 

スポンサード リンク
 

択捉島


北方領土墓参団 択捉島へ出発

北方領土の元島民とその家族が島に残る先祖の墓を訪ねる「北方墓参」の一行が択捉島に向けて18日朝、根室港を出発しました。

 

スポンサード リンク
 

[ 2019年7月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ