アイコン 中国で映画配給規制強化 87億円投入の大作も突然上映中止に

 

スポンサード リンク
 

中国では、巨額の制作費をかけた大作映画4本が、この1ヶ月の間に相次いで突如として上映中止になり、中国政府による検閲が入ったのではないかという臆測が飛び交っている。

中国の映画やテレビ番組に対する検閲は、ここ数年で厳格化の傾向が強まり、同性愛や女性の胸の谷間、ヒップホップ、タトゥーなどを理由に禁止される作品が続出していた。

しかし、今回上映が中止された4本は、いずれも一般的にタブーとされる描写はなく、映画ファンは首をひねっている。
4本のうち
「八佰」「刀背藏身」は戦争映画、
「The Last Wish」は死を宣告された男性が脱童貞の願いをかなえようとするブラックコメディ。「Better Days」はチンピラと親しくなる高校生の物語だった。

いずれも上映中止の理由についてはあいまいな説明しかなく、ソーシャルメディアには落胆の声が相次いで投稿された。
制作費は公式には発表されていないものの、「八佰」だけでも米ドルにして推定8000万ドル(約87億円)と伝えられている。
匿名で取材に応じた外国映画制作会社の中国支部幹部は、中国共産党が10月1日の建国70周年を控え、神経をとがらせているのではないかと推測している。

例えば「八佰」は抗日戦争を戦った中国国民党の兵士を描いた映画だが、中国の国共内戦で共産党と戦ったのも国民党の兵士だった。
映画会社の幹部は「状況は今後も悪化の一途をたどるだろう」と予想している。
以上、CNN参照

<7月15日~7月21日までの週間ランキング>/万元 15.75円
0729_06.jpg

<7月1日から7月7日の週間ランキング/万元>
0729_07.jpg

 

[ 2019年7月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ