アイコン 埼玉・幸手市の渡辺市長を逮捕 広島市内で女性暴行容疑 中学生5人引率の平和式典

 

スポンサード リンク

埼玉県幸手市の市長の渡辺邦夫容疑者(62)が7日未明、広島市内で飲食店の女性従業員を殴ったとして、暴行の疑いで逮捕された。調べに対し「身に覚えがない」と供述し、容疑を否認しているという。

市長は6日の広島原爆の日に行われた平和記念式典に参加するために広島市を訪れていた。

渡辺市長は7日午前2時半ごろ、広島市中区新天地の雑居ビルで20歳の女性従業員の顔を数回殴ったとして、暴行の疑いが持たれている。

警察によると、渡辺市長はビルの飲食店で酒を飲み、店を出たあとに廊下やエレベーターの中で女性を殴ったという。

調べに対し「全く身に覚えがないことで、なぜこのようなことになったのか理解できません」と供述し、容疑を否認しているという。

渡辺邦夫市長は62歳。幸手市の市議会議員を経て平成23年の市長選挙で初当選し、現在2期目。幸手市によると、渡辺市長は市の事業の一環で平和記念式典に出席するため、地元の中学生5人などとともに今月5日から2泊3日の日程で広島市を訪れていた。

 

[ 2019年8月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ