アイコン 14人議員辞職の富山市議会 村上和久議長を詐欺容疑で書類送検へ 政務活動費

 

 

虚偽の領収書を提出して政務活動費をだまし取ったなどとして14人の市議会議員が相次いで辞職した富山市議会で、警察は、同様の手口で政務活動費をだまし取っていたとして、現職の議長を、詐欺などの疑いで30日にも書類送検する方針を固めた。

富山市議会では、3年前、議員による政務活動費の不正が相次いで発覚し、14人の議員が辞職する異例の事態となり、今の村上和久議長(57)が一昨年、議長に就任して議会改革の旗振り役を担ってきた。

スポンサード リンク

村上議長は、一連の不正の調査や再発防止策の検討に携わってきたが、数回にわたり、実際には使用していない嘘の領収書を提出し、政務活動費約70万円をだまし取ったとして、詐欺などの疑いがあるという。
このため警察は、問題になったほかの議員と同じ手口で政務活動費をだまし取ったとして、村上議長を30日にも書類送検する方針。

なお、村上議長は報道機関の取材に対して、「なんらやましいことはない」と容疑を否認しているという。
 

スポンサード リンク
[ 2019年1月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ