アイコン 歌舞伎町にエンタ+ホテルの超高層ビル建設へ/東急

 

スポンサード リンク
 

新宿の歌舞伎町に、元新宿ミラノ座の跡地に、劇場やコンサートホールなどのエンターテインメント施設とホテルなどが入る超高層ビルが建設される。本格着工を前に再開発を手がける東急電鉄が新宿 TOKYU MTRANO 再開発計画の概要を発表した。

ビルの高さは約225m、地上48階、地下5階で、3年後の2022年8月末完成予定。
ビルには外国人観光客らが滞在するホテルのほか、1500人が収容できるコンサートホール、850席の大型劇場や映画館などのエンターテインメント施設が入る予定。
バスターミナルも設けられ、成田空港や羽田空港とを結ぶ高速バスが運行される予定。
国内屈指の歓楽街で、「眠らない街」とも言われる歌舞伎町では、4年前に「新宿コマ劇場」の跡地に、大型映画館やコンサート会場、ホテルなどが入る複合ビルが開業するなど、再開発が相次いでいる。
東急電鉄は新ビルを、来年の東京オリンピック・パラリンピック以降も外国人観光客らを呼び込み、ナイトタイムエコノミーを強化するための中核施設としたい考え。

0807_05.jpg

事業名
新宿 TOKYU MTRANO 再開発計画
事業会社
株式会社TSTエンタテイメント
 東急レクリエーション
 ソニー・ミュージックエンタテインメント
 東急電鉄
所在地
東京都新宿区歌舞伎町1-29
敷地面積
約4,600平方メートル
延床面積
約85,800平方メートル 
建物
地上40階、地下5階
用途
宿泊施設、エンター施設、店舗、駐車場、バスターミナル等
着工
2019年7月
完成予定
2022年度

[ 2019年8月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ