アイコン 東急不動産とソフトバンク SB本社移転地の竹芝一帯をスマートシティ構想

 

 

ソフトバンクは、東急不動産が開発中の竹芝地区(「(仮)竹芝地区開発計画」/港区)で人工知能(AI)を活用した街づくりを共同で行う。
映像解析による不審者検知に加え、飲食店の混雑状況の可視化などビル利用者に有益な情報を提供する。

9日の発表によれば、竹芝地区での人の滞留や公共交通機関の遅延などの情報を瞬時に収集し、最適な交通の代替手段などをスマートフォンやデジタルサイネージ(電子看板)で案内する。
また、昼食や夕食時間帯の飲食店では、利用者が空席状況を確認してから来店することが可能になる。

スポンサード リンク

ソフトバンクと東急不はスマートシティの実現に向け、
ロボティクス
モビリティ(移動手段)、
仮想現実(VR)、
第5世代移動通信システム(5G)、
ドローン
など最先端のテクノロジー領域で検証を実施。
収集したデータの公開や活用も進め、技術検証を行いたい企業や団体も募集する。

ソフトバンクは2020年度後半に本社を、現在の汐留から竹芝地区に移転する予定。高層ビルの30フロアを賃借し、ソフトバンクとソフトバンクグループの約1万人の社員が移る予定。
開発が進む同地区の延床面積は20万平方メートル。
以上、

入居企業の社員などは顔の画像認識ソフト、AI活用およびビッグデータへの記録の出し入れによりすべての行動が監視記録されることになる。

<竹芝地区際開発計画>
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9他、
事業主:アルベログランデ社(東急不動産と鹿島建設が設立)主体
敷地面積:約15,590m2、
延床面積:約20万m2。
用途:オフィスほか 30フロアにSB本社やグループ入居予定
建設会社:鹿島建設
開業予定:2020年

0710_05.jpg

 
[ 2019年7月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ