アイコン 森ビル 虎ノ門・麻布台再開発で日本一の超高層ビル3棟建設へ 高330メール

 

スポンサード リンク
 

森ビルは22日、東京の虎ノ門・麻布台地区で進めている再開発計画の概要を発表。2023年の完成時では、日本一となる高さ330メートルの住宅・オフィスビルなど3棟の高層ビルを建設する。ちなみに東京タワーは333メートル。これまでの最高は大阪アベノハルカスの300メートル。

敷地面積は六本木ヒルズより広い6万3900平方メートルで、インターナショナルスクールや6000平方メートルの広場をはじめ多くの緑地・公園を設け、さまざまな人が交流したり、くつろいだりできる空間を目指すという。

総事業費は5800億円。

0822_03.jpg

[ 2019年8月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ