アイコン 表現の不自由展、展示再開呼びかけ 岩手知事も大阪府知事も 

 

 

9日、岩手県の達増拓也知事が愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で中止となった企画展「表現の不自由展・その後」について、「警備が(クリア)できるなら再開すればいい」と述べ、「過去に物議を醸した作品を展示するという批評精神が高いものを、そういうものだと断った上で開くことには意義がある」と指摘したことがわかった。

以上報道より参照

このままでは韓国よろしく、「行政が圧力をかけた」ことだけが世の中に強く残ってしまう。

いっそのこともう一度、同展示を再開し、世に問う方がよい。

ただ当時のままであることは当然で、展示されたものの情報開示請求も必須だろう。

 

スポンサード リンク
 

ちなみに、愛知大村知事と言い合い中の大阪府の吉村知事も再開を呼び掛けている。

 

 

スポンサード リンク
 

[ 2019年8月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ