アイコン 山口県の海岸で日韓学生合同清掃 政治が悪化しているからこそ民間交流を

 

スポンサード リンク
 

河野外務大臣は韓国の康京和外相と北京で会談したあと、記者団に「政府間が難しい問題に直面しているからといって、国民の交流が妨げられる必要はない」と述べ、国民どうしの交流は積極的に進めるべきだという考えを強調した。

 

<山口県では日韓の学生が合同して海岸清掃>

日本と韓国の関係が悪化し各地で交流事業の中止や延期が相次ぐ中、山口県を訪れている韓国の大学生たちが21日、日本の大学生と一緒に海岸の清掃などを行って交流を深めた。

交流事業は山口県にある民間の国際交流団体が毎年、この時期に行っていて、日韓関係が悪化する中、今年も慶尚南道や釜山市などから大学生17人が訪れた。

21日は地元の大学生20人と日本海に面した長門市を訪れ、海岸を清掃した。

そして、一緒に海岸に落ちているペットボトルや缶などのごみを拾い集めたり、地引き網で海中のごみを引き出したりした。

地引き網には、タコやタイなどもかかっていて、学生たちはおそるおそるタコを触るなどして交流を深めていた。

参加した韓国の女子大学生の1人は「両国の政治関係はよくないが、民間で交流が深まれば関係も改善するのではないか。日本の友達もできて楽しいし、これからも連絡を取り合いたい」と話していた。

また、日本の女子大学生は「政治と関係なく楽しんで交流できるいい機会だった。冬には私たちが韓国を訪れて交流を深めたい」と話していた。

以上、報道参照

そのとおり。

 

[ 2019年8月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ