アイコン 文大統領支持率45%に下がる 関心事はチョ・ゴク長官候補のスキャンダル

 

スポンサード リンク
 

世論調査会社の韓国ギャラップが23日に発表した文在寅大統領の支持率は、2週間前に比べ▲2ポイント下がった45%だった。
不支持率は6ポイント上昇の49%で、支持率を上回った。
 調査は20~22日に全国の有権者1002人を対象に実施された。
韓国ギャラップの調査で文大統領の不支持率が支持率を上回ったのは今年5月第3週(支持44%、不支持47%)以来となる。

<支持する理由は>
「外交をよくやっている」が31%、
「最善を尽くしている」が10%、
「北との関係改善」が10%
などで、

<不支持の理由は>
「経済・国民生活問題の解決が不十分」が28%、
「北との関係に重点を置いている」が12%、
「人事問題」が9%
などが挙がった。

韓国ギャラップは、文大統領が法務部長官候補に指名したチョ国(チョ・グク)前青瓦台(大統領府)民情首席秘書官を巡る疑惑が文大統領の支持率にも影響を与えたとの見方を示した。
 
政党支持率は、
左派の与党「共に民主党」が41%で2週間前と変わらなかった。
保守の最大野党「自由韓国党」は3ポイント上昇の21%だった。
左派の「正義党」は7%、
中道右派の「正しい未来党」は6%、
中東左派の「民主平和党」は1%。
以上、

韓国ギャラップの調査は、リアルメーターよりまともの方だろう。
左派系政党が50%を占めている。もはや、元の宗主国の中国へ帰依するのは時間の問題のようだ。すでに中国に忠誠を尽くす3不の誓いも表明している。さらば、アメリカということになる。文正仁大統領安保外交特別補佐官は「(韓国の大統領が)出て行けと言ったら、(米軍は)出て行かなければならない」と述べたが、時間の問題のようだ。
感情最優先の後先考えない国民性が、自らの発言の自由さえもなくしてしまうようだ。
但し、国民の感情そのものがどうにでも揺れ動くものでもある。
当調査ではGSOMIA破棄は時間的に反映されていないものと見られる。
8月24日早朝には、北朝鮮が韓国文大統領の22日のGSOMIA破棄の祝賀かもしれない韓国射程の弾道ミサイルを日本海に向け2発発射した。今回はこれまでにない新軌道だそうだ。
 

[ 2019年8月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ