アイコン ソウルで日本人女性 付きまとわれたすえ暴行受ける/盗撮で日本人学生逮捕

 

スポンサード リンク
 

ソウル麻浦警察署は24日、ソウル市中心部の繁華街・弘大前で23日午前5時頃、日本人女性の髪をつかんだなどとして韓国人男性を暴行容疑で事情聴取した。被害者の日本人女性からも事情を聞いた。韓国警察関係者によると、女性のけがが確認されれば傷害罪で立件する方針という。
 韓国のニュース専門テレビYTNなどによると、男性(35)は帰宅途中に酔って通りすがりの日本人女性6人に日本語で話しかけたが、相手にされなかったため、差別的な罵声を浴びせた上で、女性のうち1人の髪をつかむなど暴行を加えた。
事情聴取前にYTNのインタビューに応じた男性は、「日本に対する悪感情はない」として、現在の日韓関係の悪化局面との関係を否定した。
 今回の暴行事件は、日本人女性6人のうち1人が暴行現場の写真をツイッターに投稿して波紋が広がった。

一方ほかの報道では、
ソウル麻浦区弘益大学近くで日本人女性を脅かして暴行した疑いで警察の取り調べを受けた30代の韓国人男性が「暴行はしていない、写真は捏造されたもの」と主張した。
ソウル麻浦警察署は24日午後、日本人女性暴行の疑いを受けるAを呼んで事情聴取した。
Aは午後3時30分に調査を終えて警察署を出て、「暴行を認めるのか」についての取材陣の質問に「暴行はしていない」と話した。
以上、

差別はしたくないが、韓国旅行、ソウルの繁華街、朝午前5時ころ、6人の女性、治安の時間帯を過ぎているともいえる。

警察や検察からコメントするように強く要請されたのだろう。
韓国では、以前は男性が飲酒した婦女暴行事件は怪我でも負わせる現行犯逮捕でなければ、逮捕されなかった。法律でそうなっていた。そうした慣習がいまだ残っており、至って軽微な罰しか受けない。
韓国の婦女暴行事件では、精液でも暴行を受けた直後に警察なり病院で証拠として取っていない限り、立件されにくく、逆に男性から、名誉毀損で訴えられ、賠償を求められることから、泣き寝入りする女性がほとんどだった(日本も似たようなもの)。

昨年は、女流詩人が詩で、女性検察官が内部告発で、トイレの盗撮カメラ設置も含め、#MeToo.運動が吹き荒れたが、運動を牽引した女性リーダーたちは文政権から役席の媚薬を貰ったのか、女性家族部が介入したとたんに100%動きが無くなった。ご褒美は何だったのだろうか。

 

↓韓国で韓国人にナンパされて無視し続けたら急に怒ってきて友達が迷惑ですと言ったらずっと付きまとわれて暴言言われ続け、日本と韓国の差別用語を永遠に言われ続けた結果、何かあったら怖いなと思い動画を撮ったらいきなり、走ってきて髪の毛引っ張られて暴行されました。韓国治安悪すぎて無理

0826_02.jpg

 

一方、別の事件では、日本人の盗撮魔の男子学生が有名女子大の寮に潜入し、日本人の女子留学生を盗撮したとして逮捕されている。
ソウル市の梨花女子大へ韓国語を学びに来た20代の日本人男子学生が、日本人女子学生を盗撮した疑いで韓国警察に捕まった。
 ソウルの西大門警察署は22日、日本人Aを「性暴力犯罪の処罰等に関する特例法」違反(カメラ等利用撮影)容疑で不拘束立件したと発表した。
 Aは今月18日午後11時50分ごろ、梨花女子大寄宿舎のシャワー室で日本人女子学生を盗撮した疑いが持たれている。
当時シャワー室の中にいた被害者の女子学生は、シャワーブースの下に携帯電話が見えたため声を上げたという。
 警察は、大学側の通報で翌日にAを緊急逮捕し、出国停止とした。
警察の取り調べの結果、Aの携帯電話からは日本人女子学生を撮影した写真1枚が発見された。Aは自分の容疑をおおむね認めているという。
 警察は近々、調べを終え次第、Aについて起訴意見を付けて事件を検察に送致する予定。
以上、

盗撮国のお株を奪ったらいかん。おろか者め。
 

[ 2019年8月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ