アイコン ケツの穴をほじくりまわす韓国・ソウル朴市長 礼成江の放射性物質汚染疑惑は・・・

 

スポンサード リンク
 

ソウル市は、日本産農水産物の放射能および食品安全性の検査を来月27日まで1ヶ月間実施し、その結果をリアルタイム公開すると29日に明らかにした。
ソウル市は市民団体、市民放射能監視センターと合同で日本産水産物80種、加工食品80種の計160種を回収し、ソウル市保健環境研究院で検査する。
鷺梁津水産市場、可楽農水産物市場、大型マートで流通する日本産活魚など農水産物、輸入食品、日本産の原料を使ったお菓子などが検査対象。
検査結果は、結果が出次第ソウル市のホームページなどですぐに公開するという。
以上、

人気があるようでない朴元淳ソウル市長(市民運動家・弁護士/共に民主党党員)、先の大統領選の予備選出馬、パフォーマンス力が弱く瞬発力もなく、文在寅氏(弁護士)のロウソク民心作戦に敗退した。

京畿道在明知事(市民運動家・弁護士/共に民主党党員)、元城南市長、先の大統領選の予備選出馬、予備選前は反日パフォーマンスを繰り返し、人気を急上昇させたものの続かず剥落し、惨敗、ソウル市を取り囲むように所在する京畿道の知事になり、まだ健在、札幌の国際カーリング大会に選手の派遣をしないというボイコットジャパンを行うパフォーマンス御仁。

<江華島の放射性物質汚染疑惑は・・・>
ともに北朝鮮の平山ウラン採石場・ウラン精製場の廃液漏出による礼成江の河川・海水汚染を調査すべき身でありながら何もせず、こうした市民団体を利用したパフォーマンスにより人気を維持する能力だけが非常に長けているようだ。
ただ、韓国民にしても放射性物質を大騒ぎする割には、身近な礼成江(漢江とほほ同じ河口域)の放射性物質汚染疑惑については、まったくの無関心ごと、その距離感は、日本人としては信じがたいものだ。
韓国では、騒ぎ立てる市民運動団体が多くあるものの、韓国民はそれに乗じ・踊らされた没個性的な阿波踊り型の市民運動しかしないのだろう。それに常に政治が絡み、利用されている。
2人ともそうした市民運動家から上り詰めた首長でもある。

[ 2019年8月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ