アイコン 潜む無発症感染者の恐怖 17.9%、感染確率4.11% 3蜜回避徹底を

 

スポンサード リンク
 

無発症感染者の感染者に占める割合については、京都大学(水本健治、加賀谷勝史)とオックスフォード大学(アレグサンダー・サレブスキ)、ジョージア州立大学(ジェラルド・チャウェル)のチームによって行われ、ユーロサーベイヤンス誌で発表されている。
それによると、クルーズ船の公開データを統計学的に分析、3063回の感染検査を実施(日本の検査能力は実にすばらしい、3711人全員の検査を行ったわけではなかった。1人に2回検査を実施した例もあろう)その結果が次のように導き出されている。
結果、クルーズ船乗船者の17.9%が無発症感染者だった(信頼区間が15.5~20.2%)。(中国ではさらに高率の無発症率が発表されていたが検証不明分)

現在、東京都は、クルーズ船と同じ状況に陥っていると見られている。
東京の8日現在の累計感染者数1338人。

また、寧波市の医療チームが4月に入り、「発症感染者」と「無発症感染者」の感染率を調査した研究論文を発表した。
それによると、今回の新コロナで、寧波市で発生した症状のある感染者157人と、無症状感染者30人について、それぞれの濃厚接触者計2147人を追跡調査した。

その結果、全体の感染率は6.15%、
1、症状のある人からの感染は6.30%
2、無症状感染者からの感染は4.11%だった。
調査ではこの差について「統計学上、大きな差は出なかった」と結論づけている。
なお、当論文では、寧波市で発生した分析であり、ほかの都市では異なる可能性もあるとしている。
(寧波の感染者数は4月8日現在、累計感染者数157人、別にカウントされていなかった無発症者数は30人/現在感染者数0/死者0)

感染者の17.9%は無発症感染者であり、無発症感染者が感染させる確率は4.11%、無発症感染者が100人と濃厚接触した場合、4人に感染させるという結論である。
この無発症感染者一人を基点にして1週間ごとにネズミさん式に感染者を増加させ続けていることになる。

日本政府は、無発症感染者の発掘をまったく意識せず、濃濃厚接触者以外行わなかった。
それは、検査能力のなさだろうか、財政難が続くイタリアでさえ、感染検査能力は非常に高い。検査能力のなさはクルーズ船入港時から露見しており、それ以降、いくらでも機器を購入することはでき、いくらでも検査能力を高めることはできた。
できない御託を並べるのは簡単だが・・・。

韓国では、政府が感染検査機器を購入して、それを新たに提携した90機関に使用させており、日本の専門家たちのできない御託は完全に否定される。

また、感染検査の受付機関を厚労省がコントロールし、感染検査障壁を富士山より高くしている。
韓国では17行政区に対して大学病院など90機関に感染検査を委託した。韓国の感染検査機関は2月中旬までは、たったの1ヶ所の公立の感染検査機関しかなかった。その直前に検査機関と提携していたことから、「新天地イエス会」信者の大感染(感染者5175人/信者26万人)の検査を可能にしていた。追跡の経路調査も徹底しており、経路の情報公開もし、市民に注意喚起を促し、疑いあれば、最寄のドライブスルー型検査所で簡単な手続きにより検体採取ができ、検査結果を連絡してくれるシステムが確立している。

日本はどうだろうか。
感染者の濃厚接触者を色分けしている。
家族など濃濃厚接触者と濃厚接触者に分け、濃濃厚接触者だけ感染検査を実施、濃厚接触者に対しては検査をせず、「健康観察」措置をとり、症状が出なかったら観察措置も解除させている。

寧波のデータを引用すれば、感染者が濃厚接触者した100人のうち4人以上が無発症感染者になった計算となる。
この無発症感染者たちが感染直後から陰性化するまで最低でも14日間、その間、100人に会えば、4人に感染させている計算となる(健康観察であり自宅隔離ではない。自治体によっては感染検査をせず2週間自己隔離を要請しているところもある)。

また、日本の場合は、濃厚接触者以外、感染が疑われる人でも37.5度の熱が4日以上続かなければ感染検査をしないというおろか過ぎる制度を導入している(直近は自治体によってだいぶ変わってきているが・・・)。
この制度により、感染者だった場合、その間、ウイルスを多方面にばら撒き続け。6.30%の確率で感染させていることになる。
味覚や臭覚に異常があっても熱などはない無発症感染者の場合、当然、会社にも出勤し、人とも会う。
4日以上の熱だけがポイントで、味覚・臭覚・倦怠感などの症状は、感染検査の決め手にはまったくならない。新コロナは、熱がいったん上がってもまた下がる人も大勢いる。

日本の感染検査体制は、神棚に飾ったお神の検査のようだ。現在でも。

37.5度4日以上の副作用として、軽症どころか中症で隔離されることから、入院が長引いているというデータがあり、医療崩壊をこの検査システムがそうさせている。

中国や韓国は、感染者の濃厚接触者たちに対して、全員を対象に感染検査を実施してきた。また、市民に対しても感染者の経路を公開し、濃厚接触した可能性のある人たちに呼びかけ、無料で感染検査を受けさせ、発症者だろうが、無発症者だろうが、すべて隔離し、感染拡大を防ぎ、封じ込めてきている。早期感染者発掘により、感染者を軽症段階で食い止め、医療崩壊も食い止めている。

日本政府は、緊急事態宣言を出した今でもそれをせず、「8割、人との接触を減らせば、1ヶ月で感染は収束する」というすばらしいシナリオを描いている。
収束しなかった場合、国民が8割接触減を、実践をしなかったからだと責任回避余地も残している。

それも事業者に営業を自粛させ、その補償もせず、店を長期にわたり閉めろと言っている。
統治者自らが「日本人には、『恥の精神』がある」と精神論まで持ち出している。

世の中、統治者たちのような高給取りのお坊ちゃまたちの政治家と異なり、精神論では飯が食えない人たちがほとんどだ。
こうした新コロナ対策ですでに倒産企業も続出する動きにある。

厚労省の計画
https://www.mhlw.go.jp

3月29日、選挙を控える小池百合子都知事、突然、ロックダウン=都市封鎖に言及
3月29日、永遠の芸人・志村けんさん新コロナ死発表
4月8日、緊急事態宣言、ただし7都府県だけ、経済対策に主眼



 

 


スクロール→

100万人あたりの感染検査数

ドイツ

11,127

イタリア

9,829

韓国

8,382

アメリカ

3,825

日本

273

英オックスフォード大調べ

 


スクロール→

4月6日現在 PCR検査数と陽性者

 

日本

韓国

検査数

46,172

437,225

陽性者数

3,654

10,284

陽性確率

7.91%

2.35%


厚労省と韓国感染症防疫本部発表比較

韓国の人口は日本の40%の5100万人。

[ 2020年4月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産