アイコン 五島市【鎧瀬地区開発】双日高級ホテル建設に野口市長の天の声か?

 

スポンサード リンク
 
 

五島市、双日高級ホテル建設に天の声、久し振りに聞く天の声である。 

【鎧瀬地区開発】双日高級ホテル建設は大成建設で!
https://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=8633

0413_01.jpg

むかし、自民党の総裁選挙で田中角栄氏に敗れた福田武夫氏が天の声にも「変な声」があると名言を吐いたことは有名だが、むかしは公共工事で首長の天の声は絶対だった。

それこそ日本中に首長の「天の声」が鳴り響いていた時代もあった。



県市町村が発注する公共工事では中小の土木会社から大手ゼネコンまで営業担当は首長の天の声を貰うのが仕事といって過言でないくらい天の声は神の声と同じ絶対的なものであった。

五島市の鎧瀬海岸地区で総合商社「双日(そうじつ)」が計画を進めている高級リゾートホテル建設計画地1万5千平方メートル(4537.5 坪)は五島市の市有財産である。

計画地は五島市の市有財産であり、野口市太郎市長の私有財産ではない。

それに今回の双日の高級ホテル建設は民間事業であり、まして公共工事でもない。

野口市長といえば最近は旧玉之浦町政時代に国の補助金数億円を使い作った温泉付きの施設を地元(五島市大津町)の先輩で五島ふるさと大使にも就いている㈱HPIの今村勇雄(イサオ)氏に一つ1円、全部で10円という変な声を出し、あの施設を10円で売却し、現在は「住民監査請求中」されるなど、公私混同の公私の区別が不得手のようだ。

監査請求陳述、主権者をなめたらいけません
https://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=8587

鐙瀬地区に双日「高級リゾートホテル」進出
https://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=6237

日刊セイケイ・編集長 中山洋次

[ 2020年4月13日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産