アイコン 世界で200万に突破 米42州系3億人に外出禁止令 新コロナ

 

スポンサード リンク
 

米ニューヨーク・タイムズによると、新型コロナウイルスの感染者・死者数とも世界最多となった米国では、全50州のうち42州で外出禁止措置が講じられている。

ワシントン(コロンビア特別区)などと合わせると3億人以上が自宅待機を迫られている。

トランプ米大統領が国家非常事態を宣言してから13日で1ヶ月となる。

ジョンズ・ホプキンズ大の13日の集計によると、世界の感染者は前日比で7万人以上増加し201万9千人、死者は前日比5千5百人あまり増加し11万9千人を超え、米国は感染者が前日比2万6千人増の約68万2千人、死者は前日比1500人増の約2万3千人超。最大の感染地はニューヨーク州では、感染者約19万5千人、死者は1万56人(うちNY市の死亡者数は7349人)。(日本時間14日09時現在の発表値)

外出禁止令が出されているカルフォルニア州では若者たちがパーティを開催していたところ、何者かに銃撃され、6人が負傷したと報じられている。

米大手の食肉加工場で感染者が発生し、工場が閉鎖された。米産肉が高くなる可能性があるという。

米国は収拾できるのだろうか。4月12日の復活祭が問題だと指摘されている。禁止令でも礼拝を開催した教会もあり、行った者がいれば感染は1週間以内にさらに拡大すると懸念されている。


 

[ 2020年4月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産