アイコン 長崎、イタリア船籍のクルーズ船34人感染、下船停止要請後も下船

 

スポンサード リンク
 

長崎県は22日、長崎市の三菱重工業長崎造船所香焼工場に停泊中の大型クルーズ船「コスタ・アトランチカ」(イタリア船籍、8万6000トン/運航会社:Dプリンセス号と同じ米カーニバル社)で、乗員34人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。

船内では20日に外国籍の乗員1人の陽性が確認され、57人に濃厚接触の可能性があるとして長崎大学病院でPCR検査を実施していた。

県はクラスター(感染者集団)が発生したと判断。中村法道知事は22日、自衛隊に災害派遣要請をする方針を明らかにした。

クルーズ船は修繕のため1月下旬から香焼工場に停泊していた。

乗客はおらず乗員623人のうち、通訳1人以外は外国籍。

3月13日に県内初の感染者が壱岐市で確認されたことを受け、長崎県はクルーズ船に対し3月14日から下船しないよう要請していたが、その後も下船者がいたという。

すべては下船させた船長の責任にある。

長崎県での感染者は
3月14日、福岡県に近い壱岐市で感染者が初めて1人確認され、
3月25日、長崎市に隣接する長与町で1人
4月1日、佐世保市と(長崎市に近い)諫早市、壱岐市で各1人
4月2日、諫早市で東京の人が1人、別に佐世保市で2人、壱岐市1人
4月3日、壱岐市1人
4月4日、壱岐市1人
4月5日、壱岐市1人
4月7日、松浦市1人
4月10日、佐世保市1人
4月15日、長崎市で福岡の人が1人
4月16日、佐世保市で福岡から帰省の学生が1人
4月17日、佐世保市1人
の計17人となっていた。

乗組員を全員検査する必要があろうが、残り全員を隔離し、14日間、健康観察措置をとることだろう。
34人のうち発症者は入院させることになろうが、ほかは船内隔離にすることだろう。

乗組員はほとんどがアジア人など、イタリアも大感染地、イタリアから係官が来ることもないだろう。費用は人道的措置として日本が面倒見るのだろうか。

ダイアモンド・プリンセス号の712人の感染者の費用はどうしたのだろうか。

 

[ 2020年4月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産