アイコン 追報:ゴム風船の(株)マルサ斉藤ゴム(東京)/破産手続き開始決定 新型コロナ関連

 

スポンサード リンク
 
 

既報。ゴム風船製造の(株)マルサ斉藤ゴム(所在地:東京都墨田区八広1丁目*** )は4月10日、東京地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

負債総額は約2億円。

資本金は2500万円。

同社は昭和25年創業の老舗のゴム風船、フィルム風船などの製造会社。タイに関連会社とその工場を持ち、百均などへ卸し以前は3億円近い売上高を計上していた。

しかし、非正規雇用の増加で専業主婦が収入の穴埋めのため働きに出、子供と遊ぶ時間が減少し、また少子化も進行して需要が減少し続け、同社は成分向けや高齢者の健康増進用風船などの開発に乗り出し、平成30年11月期には少し回復して2億円台の売上高を計上していた。しかし、その後も子供用風船需要は減少し続け、さらに新コロナ感染拡大にタイや中国などからの仕入れも困難となり、需要面では多くの風船が使用される各種イベントも開催されなくなり、需要減少で、今回の事態に至った。

破産管財人には、阿部信一郎弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和2年5月8日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年7月9日午後2時。

事件番号は令和2年(フ)第2404号となっています。

 

既報記事
ゴム風船コロナで売れず(株)マルサ斉藤ゴム(東京)/自己破産申請 新型コロナ関連倒産

 

 



 

[ 2020年4月27日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産