アイコン (有)タカダキャッスルホテル(新潟)/弁護士一任 新型コロナ関連倒産

ホテル運営業の(有)タカダキャッスルホテル(所在地:新潟県上越市仲町4***)は4月21日、事業を停止して事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約2.5億円。

 
 

資本金は300万円、従業員は9名。

同社は昭和23年6月創業、昭和28年10月に法人化へ、資金繰りがする中、新型コロナによる影響で事業を断念、今回の事態となった。

担当弁護士には、森直樹弁護士(025-526-5828)が任命されている。

 

[ 2020年4月27日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧