アイコン 中国 英ランセットに「レムデシビル」効果なしと発表 エボラの二の舞か ワクチン開発会社一覧

 

スポンサード リンク
 

中国は、アビガンについては「軽症者」の回復を早めたと発表し、「レムデシビル」について、効果は見当たらなかったと発表していた。

ギリアド社の「レムデシビル」について、米国立衛生研究所(NIH)は29日、患者の回復を早めることが確認されたと発表した。

「レムデシビル」は、新型コロナウイルスの患者の治療に効果があるかまだ分かっておらず、世界各地で安全性や有効性を確かめる臨床試験が進められてい.る。

NIHは、米国など各国の医療機関が共同で行っている臨床試験の一部を分析した結果、この薬を投与された患者は回復までの日数が平均で11日だったのに対し、投与されなかった患者は平均で15日だったとして、患者の回復を早めることが確認されたと発表した。

トランプ大統領の会見にもたびたび同席するNIHのファウチ医師は「この薬がウイルスの働きを止めることが証明された」と述べ、今後、標準的な治療として使われるようになるという見方を示した。

また、この薬を開発している製薬会社「ギリアド・サイエンシズ」も、この日、別の臨床試験で「前向きな結果が得られた」と発表した。

なお、50%で効果があったと報道しているメディアもある。


一方で、同日の29日、イギリスの医学雑誌「ランセット」には、中国で約230人の患者を対象に行った臨床試験の結果、「統計上、有意な効果はみられなかった」とする論文が掲載された。

各国で行われている臨床試験の結果は来月中旬以降、発表される見通しで、その結果に注目が集まっている。

以上、

 

「レムデシビル」は、エボラでも有効薬として高く評価されたが、現地ではほとんど効果が認められなかった。「アビガン」は現地のエボラに対して一定の効果が立証されている。

アビガンは1999年に開発された薬剤で現在はジェネリック化し、元々富士フイルムと提携していた中国医薬品企業も現在自社製品として生産販売している。

2014年のエボラ時代には、まだパテントがあり、中国軍の医薬品開発機関が盗用して中国開発薬だとしてアフリカで使用し、その後発生したコンゴなどでもエボラを駆逐していた。

欧米の研究機関から中国のエボラ薬はアビガンだと指摘され、富士フイルムは当時、中国で中国軍相手に特許侵害で提訴していたがその後は不知。

 株価との関係があり、高く評価されたいギリアド社だが、エボラの二の舞になる可能性もある。

何回も書くが、中国医師は、アビガンは軽症者の回復を早めたとの比較論文の発表であり、重症者に対しての効能については触れていない。

当然、重症者にも投与したものと見られ、発表した医師に問い合わせたらよかろう。本人から了解は取ったとはいえ、いきなり重症者に投与した富山の問題もある。


スクロール→

新コロナ 世界のワクチンの開発状況

開発企業

種類(補足)

中国Clover Biopharmaceuticals

組換え蛋白質ワクチン (英GSK社のアジュバント)

GlaxoSmithKlineGSK)社

フランスSanofi

組換え蛋白質ワクチン

Baylor College of Medicine

組換え蛋白質ワクチン

University of Texas

New York Blood Center

中国Fudan University

iBio社、中国Beijing CC-Pharming

組換え蛋白質ワクチン(植物で製造)

Janssen Pharmaceuticals

組換え蛋白質ワクチン/J&Jの医薬開発部門会社/臨床開始

Novavax

組換え蛋白質ワクチン(ナノ粒子)

Vaxart

組換え蛋白質ワクチン(経口投与)

国立感染症研究所

組換え蛋白質ワクチン

デンマークExpreS2ion Biotechnologies

ウイルス様粒子(VLP)ワクチン

イスラエルVaxil Bio

ペプチドワクチン

Queensland大学、英GSK

ペプチドワクチン

VaxHit bioinformatics

ペプチドワクチン

Generex Biotechnology

ペプチドワクチン

イスラエルMIGAL Galilee-Research Institute

ウイルスベクター(トリ伝染性気管支炎ウイルス)

インドZydus Cadila

ウイルスベクター(麻疹ウイルス)

University of Oxford

ウイルスベクター(アデノウイルス)

中国CanSino Biologics

ウイルスベクター

フランスInstitute Pasteur

ウイルスベクター(麻疹ウイルス)

Altimmune

ウイルスベクター(アデノウイルス、経鼻投与)

GeoVax Labs社、中国BravoVax

ウイルスベクター(ワクシニアウイルス/VLPワクチン)

Greffex

ウイルスベクター(アデノウイルス)

Janssen Pharmaceuticals

ウイルスベクター(アデノウイルス)細胞培養ワクチン

Tonix Pharmaceuticals

ウイルスベクター(馬痘ウイルス)

インドZydus Cadila

プラスミドベクター(DNAワクチン)

Applied DNA Sciences

プラスミドベクター(DNAワクチン)

イタリアTakis Biotech

イタリアEvvivax

Inovio Pharmaceuticals

プラスミドベクター(DNAワクチン)

日本、アンジェス

プラスミドベクター(DNAワクチン)

東京大学医科学研究所

mRNAワクチン

Imperial College London

mRNAワクチン

中国Stemirna Therapeutics

mRNAワクチン(リン脂質粒子)

中国Tongji University

中国Center for Disease Control-and Prevention

ドイツCureVac

mRNAワクチン

Pfizer社、米BioNTech

mRNAワクチン

Moderna社、米NIAID

mRNAワクチン/臨床開始

Codagenix社インドSerum Institute of India

弱毒生ワクチン

米リジェネロン・ファーマシューティカルズ

カクテル抗体

治療薬

韓・セルトリオン

抗体治療薬、自ら一番早いと自慢、動物実験もまだ。臨床7月開始と発表/勢いがあり何が飛び出すかわからない

イーライリリー

抗体治療薬

ジェネンテック

抗体治療薬

ギリアド・サイエンス

抗体治療薬、開発コードGS-5734「レムデシビル」、臨床中

富士フイルム富山化学

抗体治療薬、アビガン

・ほか多数、新コロナ患者は臨床実験の好対象。

 

[ 2020年4月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産