アイコン (有)フレンドリー(東京)/破産手続き開始決定 新型コロナ関連倒産

 

 
 

レディスシューズ卸販売の(有)フレンドリー(所在地:東京都港区六本木***)は5月1日、東京地裁において破産開始決定を受けました。

負債総額は約1億円。

資本金は400万円。

同社は昭和55年8月設立、経営状況が苦しい中、新型コロナによる影響で事業を断念、今回倒産の事態となった。


破産管財人には樫谷典男弁護士(日比谷見附法律事務所、千代田区有楽町1-6-4、電話03-3595-2116)が選任された。

[ 2020年5月13日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産