アイコン 分析 北九州市第2波感染拡大警戒 32施設急遽閉鎖

 

スポンサード リンク
 

北九州市は27日、新たに8人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。
北九州市での感染確認は23日から5日連続で、5日間計では22人となった。
緊急事態宣言は全国で解除されたが、市は感染拡大防止のため、いったん再開した小倉城や松本清張記念館、九州鉄道記念館など市の43施設を5月28日から6月18日まで再び臨時休館とし、市主催のイベントも当面中止・延期することにした。
国も北九州市が第2波の感染拡大を迎えているのか確認し、対応策をアドバイスするためクラスターチームを派遣した。
北九州市では4月24日から28日まで感染者0、29日に1人、30日から5月22日まで0だったが、5月23日から感染者発生し出した。

北九州の対応はまだ遅い。
5月23日に感染が確認された女子大学生は5月17日(日)に発熱(39℃台)、呼吸困難、全身倦怠感、筋肉痛あり。5月18日(月)発熱(38℃台)、吐気ありD医療機関を受診。
PCRの感染検査を受けたのは5月22日、今になっても市長がとろいようだ。医療機関に疑いあれば至急検査することを要求すべきだろう(感染時期は緊急事態宣言解除日前後となる)。

経路は発症するまでの期間を指針の発症2日前ではなく、約1週間前までさかのぼり確認し、接触者は感染検査を受けるように要請すべきだ。
(5月7日に陽性と判断され始まった韓国ダンスクラブの集団感染は現在7次感染まで広がり255人が感染しているが、当該者がクラブに行ったのは5月2日だった。5日間経過して検査を受け、陽性が確認された)
(国が指針で2日前にしているのは誰に感染させたかという視点になっている。発症するまでの約1週間内に誰から感染したのかという感染させた接触者を探し出し隔離する作業が必要であり、2日前までの接触者の感染検査では、感染力を有する無発症感染者を隔離することはできない。感染経路の接触者の検査に付き、発熱基準がそもそもおかし過ぎる。)

そうでなければ、今回制御しても、再び同じことが生じる。無自覚のステルス感染者を少しでも減らすことが、ソーシャルディスタンスの効果により、第2波の到来を防止ることができる。

国=専門家会議と厚労省官僚と日本医師会は、感染検査をさせたくないという考え方が最初から根付いている。
初診する医師の頭を変えさせる必要があるだろう。まだそうした国の指示に乗っていては市長は市民の命を守ることはできない。
日本の致死率は韓国の2倍以上、死亡者数は3倍以上、大パニックを起こした中国の致死率とほぼ同じになっている。(原因は国の指針に基づく感染検査の遅れにより、重症化してから入院させ、現場の医紙たちが最初から手を付けられなくなっていることによるもの)

4月、国も自治体もマスコミも医療崩壊と大騒ぎしたが、重症患者数の最大日は全国で5月1日の328人(厚労省資料)だった。これで大騒ぎするならば、これまでの日本の感染症に対する医療行政そのものが異常だったことを証明しているようなものではないだろうか。

0528_01.jpg

 

                      


スクロール→

福岡県の感染者発生状況

 

福岡市

北九州市

県合計

3/30まで

18

4

29

331

5

10

17

41

5

21

32

42

12

7

22

43

16

3

19

44

26

0

27

45

13

0

16

46

9

4

14

47

16

1

23

48

17

4

25

49

14

1

26

410

26

1

39

411

25

3

43

412

11

4

30

413

4

2

11

414

17

3

33

415

17

3

30

416

15

0

26

417

10

1

17

418

13

0

24

419

6

0

16

420

2

0

2

421

15

0

21

422

5

2

21

423

8

1

12

424

6

0

12

425

7

0

14

426

8

0

11

427

5

0

9

428

4

0

4

429

5

1

13

430

2

0

3

51

1

0

3

52

2

0

3

53

0

0

0

54

1

0

1

55

0

0

1

56

1

0

1

57

1

0

1

58

0

0

0

59

2

0

2

510

1

0

1

511

0

0

0

512

0

0

1

513

1

0

1

514

1

0

1

515

0

0

0

516

0

0

0

517

1

0

1

518

0

0

0

519

0

0

0

520

0

0

0

521

0

0

0

522

0

0

0

523

0

3

4

524

1

3

4

525

0

6

6

526

0

2

2

527

0

8

8

合計

375

98

682

 ・527日現在682

・緊急事態宣言:4月7日(福岡県含む7都府県)

・緊急事態宣言解除:514

 


スクロール→

福岡県の地域別感染者数 527日現在

福岡都市圏

北九州都市圏

その他

福岡市

371

北九州市

98

飯塚市

4

春日市

21

行橋市

14

田川市

0

大野城市

7

豊前市

10

宮若市

0

那珂川市

2

中間市

1

嘉麻市

1

小郡市

1

直方市

1

田川郡

0

筑紫野市

3

遠賀郡

6

嘉穂郡

1

太宰府市

3

鞍手郡

0

大牟田市

2

糸島市

14

京都郡

5

久留米市

46

糟屋郡

24

築上郡

0

柳川市

4

古賀市

5

 

 

八女市

0

福津市

4

 

 

筑後市

3

宗像市

9

 

 

大川市

0

 

 

 

 

うきは市

0

 

 

 

 

朝倉郡

0

 

 

 

 

三井郡

0

 

 

 

 

三潴郡

0

 

 

 

 

八女郡

2

 

 

 

 

入国者

16

合計

464

 

135

 

79

527日現在の福岡県の感染者数678人

 


スクロール→

小倉駅周辺の人出/ドコモデータ/15時現在

 

 

前年比

感染前

4/7

510

-67.9%

-71.7%

-54.0%

511

-47.3%

-51.3%

-24.5%

512

-48.6%

-52.4%

-26.2%

513

-52.4%

-56.0%

-31.8%

514

-47.4%

-51.4%

-24.6%

515

-45.7%

-49.8%

-22.2%

516

-1.2%

-15.5%

-37.8%

517

-58.0%

-64.3%

-42.0%

518

-40.4%

-44.9%

-14.5%

519

-35.6%

-40.4%

-7.6%

520

-35.8%

-40.6%

-8.0%

521

-27.6%

-33.1%

3.8%

522

-25.6%

-31.2%

6.7%

523

-28.3%

-39.1%

-1.1%

524

-37.6%

-47.0%

-13.9%

525

-26.9%

-32.4%

4.9%

526

-31.3%

-36.5%

-1.5%

527

-29.7%

-34.9%

0.9%

・前年5/1()5/31()の平日→平日平均

1/18()2/14()4週間の平日→平日平均

4/6()4/7() ※緊急事態宣言直前

 

[ 2020年5月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産