アイコン 日本で政府が医療機関に配布したKN95マスクの実態 米国で中国2社摘発

 

スポンサード リンク
 

米司法省は6月17日、14万枚以上のニセKN95マスクを製造し、米国に輸出した中国の深センを拠点とする克労德科技集団(Crawford Technology Group)を連邦食品医薬品化粧品法違反で提訴した。
この中国企社は、マスクのろ過効率などが基準を満たしていると虚偽の申告をした。
克労德科技集団は、自社のKN95マスクは95%のろ過効率があるとしていた。同社は、マスクが「細菌」「ほこり」「ひどいスモッグ」から保護できるとしているが、「これらの説明は虚偽であり、誤解を招く」と司法省は指摘した。調査によると、マスクの平均ろ過効率は22.33%と、要求を大きく下回っているという。
KN95は、中国が国家規格として定めた防じんマスク規格。評価対象は中国メーカーの製品となる。

新コロナウイルス感染症の大流行により、米国疾病予防管理センター(CDC)と米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が認定する医療用高機能マスクN95が圧倒的に不足した。そのため、米CDCは医療現場の緊急用として輸入を認可していた。日本も含む各国の医療機関も中国のKN95マスクを緊急輸入して使用している。

米ニュージャージー州の連邦検察官クレイグ・カルペニート氏は、「司法省は、これ以上医療スタッフを危険にさらさないために、危険な個人用保護具を販売する不道徳な企業を取り締まる」と述べた。
米国土安全保障調査局(HSI)のニューヨーク事務所を担当する特別捜査官ジェイソン・モリーナ氏は、「この世界的な流行病によって世界中で多くの命が奪われ、数え切れないほどの苦しみをもたらした。それだけでなく、金銭的利益のためにこの悲劇を悪用する企業により、さらに数百万人もの命が危険にさらされる」と述べた。
米司法省は6月上旬、粗悪なN95マスク約50万枚を米国に輸出したとして、中国の金年包装印刷有限公司を提訴した。
以上、

日本の厚労省が医療機関に配ったマスクは、克労德科技集団、金年包装印刷有限公司製ではなかったのだろうか。ただ、中国製はどこのメーカーも似たようなもの。3Mの中国工場が製造した規格品のマスクならば大丈夫だろうが・・・。
中国は新コロナウイルス感染症が収束するまで、外資系マスク製造会社で製造されたマスクを禁輸にして自国用にした。アイリス・オーヤマの製造工場も日本へ輸出できなかった。

欧州でも中国製の膨大な量のKN95マスクが医療用には不良だとして摘発されている。特にイタリアでは大量の医師たちが亡くなっており、中国政府が送り込んだマスクを使用した可能性がある。

日本でも厚労省から緊急配布された医療用マスクが大きな問題となり、ほとんどの医療機関が使用していないことが判明している。
医師たちによると、厚労省マスクを装着した場合、多くのスキ間が生じ、新コロナ感染症患者を第一線で担当する医療従事者が使用するには大きな感染リスクが生じるとしている。
今回の米国での報道のように、ろ過率まで大きな問題を抱えていたら論外だ。

厚労省は、米CDCが認可したことから、中国のKN95マスクを輸入したとしている。しかし、一度も検査もせず、デタラメぶりを露見している。厚労省は官僚特有の配布したという実績作りだけを最優先させているようだ。
アベノマスクのように事務所もわけの分からないような企業に一括発注でもしたのだろう。
厚労省は一度解体して、再度分割すべきではないだろうか。年金問題からデタラメぶりが露見し続けている。


 

[ 2020年6月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産