アイコン 2020年3月期スーパーゼネコンランキング 建築ピークアウトか

 

スポンサード リンク
 

スーパーゼネコン5社の売上高は、これまでアベノミクスの大公共投資、東京五輪用施設建設、東京などの大都市大再開発によりに順調に推移してきたが、建築の受注残が5社(単体)合計で前年比▲5千億円減少するなど、2020年3月期がピークの可能性が高くなってきた。ただ、安倍政権が大好きな新コロナ対策予算で、全国津々浦々に大公共投資がなされるものと見られ、新コロナ特別予算の配分を見る必要がある(すでに大洪水対策工事が浮上している)。

営業利益率も2018年3月期の5社平均8.7%から19年期は7.7%、20年期は7.5%とピークアウトしたようだ。

スーパーゼネコンがあまり儲けすぎの建築工事にあり、工事価格が高くなり、分譲マンション価格も高くなり過ぎ、売れなればマンションの建築現場が減ることになる。

政府負債の空前の増加によるアベノミクス=土建経済が続いている。新コロナでさらに政府負債は急膨張する。

東京五輪はどうなるのだろうか。夢洲万博は問題ないことから今後、東京から大阪へ景気が移る可能性もある。


スクロール→

スーパーゼネコン 売上高ランキング

連結/百万円

20/3

19/3

18/3

17/3

16/3

大林組

2,073,043

2,039,685

1,900,655

1,872,721

1,777,834

鹿島

2,010,751

1,974,269

1,830,625

1,821,805

1,742,700

大成建設

1,751,330

1,650,877

1,585,497

1,487,252

1,545,889

清水建設

1,698,292

1,664,960

1,519,435

1,567,427

1,664,933

竹中工務店

1,352,064

1,353,627

1,295,951

1,216,570

1,284,362

合計

8,885,480

8,683,418

8,132,163

7,965,775

8,015,718

前期比

2.3%

6.8%

2.1%

-0.6%

 

・竹中工務店は12月決算、ほかは3月決算、以下同様

 


スクロール→

スーパーゼネコン 営業利益率ランキング

2020/3

竹中工務店は昨年12月期基準、ほかは今年3月期基準

連結/百万円

営業利益率

営業利益

当期利益

大成建設

9.58%

167,755

122,087

清水建設

7.88%

133,894

98,977

大林組

7.37%

152,871

113,093

鹿島

6.56%

131,987

103,242

竹中工務店

5.93%

80,235

68,918

平均と合計

7.50%

666,742

506,317

・竹中工務店は12月決算、ほかは3月決算、以下同様

 


スクロール→

スーパーゼネコンの受注状況(国内)(単体)

単体

20/3

19/3

18/3

17/3

16/3

大林組

1,440,770

1,283,159

1,276,340

1,323,350

1,341,209

前年比

12.3%

0.5%

-3.6%

-1.3%

 

大成建設

1,339,685

1,170,083

1,363,814

1,335,648

1,290,260

前年比

14.5%

-14.2%

2.1%

3.5%

 

鹿島

1,122,606

1,378,090

1,146,808

1,330,295

1,197,771

前年比

-18.5%

20.2%

-13.8%

11.1%

 

竹中工務店

1,108,055

1,102,937

1,021,895

987,257

980,829

前年比

0.5%

7.9%

3.5%

0.7%

 

清水建設

1,042,193

1,553,857

1,312,486

1,394,509

1,217,946

前年比

-32.9%

18.4%

-5.9%

14.5%

 

合  計

6,053,309

6,488,126

6,121,343

6,371,059

6,028,015

前年比

-6.7%

6.0%

-3.9%

5.7%

 

・国内の土木+建築の受注合計

・竹中だけは内外区別なく海外工事含む、多くない/竹中は19/12期決算値

 


スクロール→

スーパーゼネコン 受注残高ランキング 

2020/3

竹中工務店は昨年12月期末基準、ほかは今年3月期末基準

単体/百万円

受注総残高

国内土木残

国内建築残

大成建設

2,221,289

572,661

1,404,515

  前年

2,291,127

587,618

1,584,773

  前年比

-3.0%

-2.5%

-11.4%

清水建設

1,995,272

353,666

1,309,901

  前年

2,138,472

428,428

1,477,726

  前年比

-6.7%

-17.5%

-11.4%

大林組

1,809,658

406,584

1,301,716

  前年

1,670,093

421,439

1,207,776

  前年比

8.4%

-3.5%

7.8%

鹿島

1,793,476

564,242

1,172,213

  前年

1,916,468

523,877

1,334,803

  前年比

-6.4%

7.7%

-12.2%

竹中工務店

1,295,775

29,097

1,260,721

  前年

1,242,620

30,909

1,205,795

  前年比

4.3%

-5.9%

4.6%

合  計 

8,778,569

2,120,805

6,326,982

  前年

9,258,780

1,992,271

6,810,873

  前年比

-5.2%

6.5%

-7.1%

・受注総残高には海外案件や不動産事業なども含む

・但し、竹中は内外区別の説明なく、国内に海外工事含む

 

[ 2020年6月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産