アイコン 九州北部再び豪雨 2017年当時の線状降水帯出現

 

スポンサード リンク
 

九州北部では27日早朝から、雷を伴う大雨が降り続いている。26日は天気が回復したものの1日しかもたず、梅雨の大雨となっている。

佐賀県の有田川は午前6時10分の時点で、伊万里市の長井手に設置された水位計で氾濫の危険性が非常に高い氾濫危険水位を超えたという。

2017年7月甚大な被害をもたらした九州北部豪雨時のように、長崎から佐賀県の背振山系南-福岡中部の筑後川沿いにかけては、線状降水帯が現れており、厳重な注意が必要だ。

今日27日は一日中雨の予報、明日日曜日の未明まで降り続くという。ただ、午後から晴れの予報だが・・・。大雨は嫌いだぁ。

0627_01.jpg

[ 2020年6月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産