アイコン ファッション業界衝撃 「CECIL McBEE」(セシルマクビー)全店舗ほか92店舗閉鎖へ 新コロナ

 

スポンサード リンク
 

10~20代の女性に人気のファッションブランド「CECIL McBEE」(セシルマクビー)が、主力の「渋谷109」の店舗を含め全43店を11月までに順次閉店する。
1990年代から若者ファッションの代表格としてブームとなり注目された。ブランドや店舗を運営するジャパンイマジネーションによると、渋谷109店舗では全盛期には月1億円ほどの売上高があったという。だが、政治政策による消費不況に陥り渋谷ファッションは衰退、個々のオリジナルファッションに変化、そこに低価格なユニクロ、H&Mなどファストファッションが台頭してきて、客離れが進み、近年は売上高が低迷していた。

ジャパンイマジネーションはほかのブランドも展開しているが、新コロナの影響もあって全体的に売上高が落ち込んでおり、セシルマクビー以外のブランドも含め店舗全体の9割に当たる計92店を閉店するという。
これに伴い、全従業員570人の大半を解雇し、再就職を支援するという。
ジャパンイマジネーションによると、感染拡大に伴う店舗の休業もあって、業績が悪化。営業は段階的に再開したものの、ここに来て再び感染者は増えている。再度の休業になれば、賃料などの負担に耐えられないと判断し閉店を決めたという。
 ジャパンイマジネーションは、扱うブランドを、セシルマクビーを含め5つほどに絞り込み、ネット通販の強化などで立て直しを図る。

 


スクロール→

社 名

株式会社ジャパンイマジネーション

設立

19577

資本金

6,100万円

代表者

代表取締役会長兼社長 木村達央

従業員数

696名(20182月末日現在)

事業内容

レディスファッションブランドの企画・販売

取引銀行

みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行

年間売上高

14,782百万円(20182月期)

決算月

2

ブランド・店舗名

CECIL McBEE

Fabulous

BE RADIANCE

AnkRaunge

Jamieエ-エヌケー

a.g.plus

sophila

 

[ 2020年7月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産