アイコン 3日の感染者数250人、うち東京124人 都道府県別状況 大幅増加基調続く

 

スポンサード リンク
 

政府・厚労省は今頃になって感染検査を増加させるという。解除後、多くの感染者を発生させている自治体は全部が緊急事態宣言解除前、解除後も感染検査を絞り込んできた自治体だ。

無自覚のステルス感染者を減らすための努力をしてこなかったツケが今般の感染拡大の原因になっている。
特に小池・東京都は宣言解除後も解除前と同じ感染検査絞り作戦を講じ感染を爆発させている。
感染者発生 ⇒早期、濃厚接触者+接触者全員PCR検査 ⇒陽性者隔離+治療
感染検査希望者については、感染疑いのある類似項目に該当する人は全員、積極的に感染検査すべきだ。
そうしなければ、ステルス感染者が増加し続け、表面の感染者数を増加させ続けることなる。

ステルス感染者を隔離しなければ解決しない。
このままだと、今日の状況を封じ込めるには、再び、原始的な緊急事態宣言による外出自粛要請をしなければならなくなる。
今日、税金で購入されたPCR検査機器により、毎日15万人以上の検査対応ができる体制にありながら、医療崩壊を口実に使用しない、使用させない。こうした政府と東京都の失政により経済も財政も持たなくなる。

<せめて休業要請するしかない>
北海道・栃木・東京・埼玉・神奈川・鹿児島・・・、3蜜の遊興料飲食店(ホストクラブ、キャパクラ、ショーパブ、スナックの昼カラオケ・・・)
疑問、
解除後、重症者の減少と死亡者の増加が以前と比較しアンバランスになっている。重症者が減った分と新規死亡者の発生数との関係である。この間、重症者の減少数より死亡者が大幅に少なく、無事退院者が多くなっている。
ギリアド社のイムデシビル効果があっているのか、それとも感染者の死因を裏で合併症などほかの病名に作為しているのか。
感染者の死因についての最終判断は、都道府県当局が判断するというから、何でもできる余地を残している。
あれほど騒がせた富士フイルムのアビガンの治験公表がまったくなされない。何か不思議。


スクロール→

COVID-19感染症 都道府県別感染者数推移 

  

3

2

7/1日

6/30

29

全国

19,340

19,090

18,896

18,769

18,631

 

前日比

250

194

127

138

109

1

東京都

6,523

6,399

6,292

6,225

6,171

  前日比

124

107

67

54

57

2

大阪府

1,862

1,851

1,843

1,833

1,828

  前日比

11

8

10

5

7

3

神奈川県

1,543

1,519

1,508

1,500

1,469

  前日比

24

11

8

31

6

4

北海道

1,275

1,275

1,267

1,263

1,250

  前日比

0

8

4

13

11

5

埼玉県

1,188

1,162

1,143

1,129

1,119

  前日比

26

19

14

10

13

6

千葉県

983

974

963

957

950

  前日比

9

11

6

7

4

7

福岡県

862

858

854

846

846

  前日比

4

4

8

0

1

8

兵庫県

709

709

708

706

705

  前日比

0

1

2

1

0

9

愛知県

528

528

528

528

527

  前日比

0

0

0

1

1

10

京都府

391

386

383

381

379

 

  前日比

5

3

2

2

4

11

石川県

300

300

300

300

300

12

富山県

228

228

227

227

227

13

茨城県

182

176

174

174

174

 

  前日比

6

2

0

0

1

14

広島県

169

169

169

168

168

15

岐阜県

160

160

157

156

156

 

  前日比

0

3

1

0

0

16

群馬県

154

153

153

153

152

17

沖縄県

142

142

142

142

142

18

福井県

122

122

122

122

122

19

滋賀県

103

103

103

101

101

20

宮城県

97

95

95

94

94

21

奈良県

92

92

92

92

92

24

静岡県

88

83

83

83

83

22

栃木県

86

84

82

76

76

 

  前日比

2

2

6

0

2

23

新潟県

83

83

83

83

83

25

福島県

82

82

82

82

82

26

愛媛県

82

82

82

82

82

27

長野県

77

77

77

77

77

28

山梨県

75

75

75

74

74

29

高知県

74

74

74

74

74

30

山形県

69

69

69

69

69

31

和歌山県

64

64

64

64

64

32

大分県

60

60

60

60

60

33

鹿児島

51

21

12

11

11

前日比

30

9

1

0

0

34

熊本県

49

49

49

49

49

35

佐賀県

47

47

47

47

47

36

三重県

46

46

46

46

46

37

山口県

37

37

37

37

37

38

香川県

28

28

28

28

28

39

岡山県

28

28

26

26

26

40

青森県

27

27

27

27

27

41

島根県

24

24

24

24

24

42

長崎県

17

17

17

17

17

43

宮崎県

17

17

17

17

17

44

秋田県

16

16

16

16

16

45

徳島県

6

6

6

6

6

46

鳥取県

4

4

3

3

3

47

岩手県

0

0

0

0

0

入管+厚職+疫官

327

326

324

324

318

前日比

1

2

0

6

1

長崎クルーズ船

149

149

149

149

149

チャーター機

14

14

14

14

14

合 計

19,340

19,090

18,896

18,769

18,631

横浜クルーズ船

712

712

712

712

712

 総 計

20,052

19,802

19,608

19,481

19,343

国内死亡

977

977

976

972

972

 国内致死率

5.05%

5.12%

5.17%

5.18%

5.22%

横浜クルーズ死

13

13

13

13

13

 死者計

990

990

989

985

985

国内解除

16,866

16,772

16,731

16,631

16,557

 現在解除率

87.21%

87.86%

88.54%

88.61%

88.87%

国内現在感染者

1,497

1,341

1,189

1,166

1,102

 現在感染者率

7.74%

7.02%

6.29%

6.21%

5.91%

横浜クルーズ解除

658

658

658

658

658

国内重症

33

37

40

42

43

横浜クルーズ重症

1

1

1

1

1

 重症計

34

38

41

43

44

東京都の7月3日の感染者数124人、うち男性83人、うち女性41人

7月3日現在(言葉遊びの療養ではなく隔離が正解)

0704_01.jpg

 

福岡市の高島市長・中洲で感染検査希望者を募り、全員検査へ

料飲食店で感染が拡大している都市は、福岡市の高島市長を見習うべきではないだろうか。

経済も財政もあり、緊急事態宣言は何度でも発せられるものではない。

前回の緊急事態宣言=外出自粛により、新コロナウイルス感染症の収束を実現させたその効果を、最大限有効活用するにはPCR感染検査の飛躍的な拡大しかない。

 

外交も大事だろうが国民の命や健康にかかわる問題、外交などにかまっていられない。感染者数が一時的に増加しても、結果、収束へ向かう。

抗体検査でも都民全体では僅少の抗体保有率しかなく、ヒトーヒト感染拡大の余地は無限にある。

[ 2020年7月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産