アイコン GoTo旅行で感染者 4月から0行進だった大分県の若い夫婦

 

スポンサード リンク
 

新コロナ、4月21日から3ヶ月以上0行進を続けていた大分県で7月28日、2人の感染が確認された。

感染が確認されたのは30代の夫婦で、連休の23~25日まで大阪に滞在、帰宅した25日夜には37度の熱とのどの痛みなどあり、医療機関で受診、感染検査を受けたところ陽性が確認された。

感染検査をしない筆頭格の自治体の一つ大阪、過去最多となる感染者数を出し、ステージが確実に上昇し続けている。国が行わなくとも府独自でも緊急事態宣言でも行わない限り、感染者数は増加し続け、再び病院や高齢者施設をウイルスが包囲し、集団感染を発生させることになる。

府の新コロナ顧問の阪大の先生は、感染者の発生件数はすでにピークアウトしていると公言している。吉村府知事はそれを信じているのだろうか。
 

大阪府も期待した集団免疫論も国の抗体調査により、ほとんど所持していないことが証明されている(これまでの世界の学者の調査研究で、抗体は多くの人が感染後の2ヶ月後からは消滅していくとされている。血清治療に利用できる中和抗体を有する人はさらに少ない)。

新規感染者の絶対数が多くなれば、濃厚接触者・少しの接触者に対しても根こそぎ感染検査を実施し、陽性者を確実に隔離していかない限り、一方で無自覚のステルス感染者を増加させていることから、感染拡大は続き、ステージを上昇させ続けることになる。

緊急事態宣言では、国民の外出自粛により、大効果が生じた。今回はすでに、宣言当時の1週間と最近1週間は2.4倍以上増加しているが、国は、専門家も再緊急事態宣言の必要性はないとしていると言い(安倍首相談)、GoToキャンペーンも執行させ、緊急事態宣言を発布する環境は0に等しい。


スクロール→

大阪府の感染者数推移

4/14/7

237

7/227/28

434

7/28までの累計

3,430

月別

3月まで

244

4月

1,381

5月

158

6月

50

7月28日まで

1,597

 

[ 2020年7月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産