アイコン 新コロナ グラフ・表で見る神奈川県

 

スポンサード リンク
 

神奈川県で4日89人が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。一日あたりの県内の感染者数がこれまで最も多かった先月30日と4月11日の76人を上回り、過去最多となった。
4月11日は、4月7日の緊急事態宣言の発令を受け、外出自粛要請により、その後、発生は急減した。4月11日はそれ以前に感染した人たちが発症して検査を受けた感染者数。

8月4日はどうだろうか。
現在、お願いだけで何の対策もない。政府は緊急事態宣言の発令は眼中にない。
感染拡大を食い止める唯一の方法は、感染検査を最大化させ、感染者を可能な限り見つけ出し、人に感染させないように隔離する方法しかない。

神奈川県はどうだろうか。
全国・都道府県で唯一、陽性率が2ケタ台(厚労相発表値)であり、感染検査を増加させていない実態が浮かび上がってくる。
これでは、街中の無自覚の感染者が連鎖して水面下で感染拡大させ続け、尾身指標の3段階・4段階へまっしぐらに進むことになる。

知事は元アナウンサーらしく、神奈川方式を打ち出し、新コロナに積極的に対応しているような見てくれはよいが、防疫面では落第点なのだろうか。

なお、神奈川県は、感染検査数を「監視体制」という項目で発表しているが、抗原検査分も入れており、また医療機関分もあり、検査は入院感染者の解除時などでもPCR検査を行うことから、新たな感染者や疑いのある人などに対する検査とは異なってくる。こうしたことから、当記事では採用していない。入院患者については一人に付き何回もPCR検査をすることもある。

また、「県内の最新感染動向」でも検査実施人数のグラフがあるが、日々の陽性者数とグラフの陽性者数とでは大きな隔たりがあり、採用できるものではない(保険適用分は除外しているとしているが、保険適用分の検査での陽性者が多いことになる)。
ということで、厚労省の発表値において記事を作成している。

横浜市:859万人、神奈川県:922万人
0805_06.jpg

 

8月3日現在の神奈川県

8月4日発表分

累計感染者数

2,750

現在感染者数

428

 現在感染率

15.6%

 入院

173

   うち重症

11

 施設隔離

140

 自宅隔離

115

死亡

99

 致死率

3.6%

隔離解除者

2,223

8月1日までの感染検査数

厚労省発表分

累計感染者数

2,542

累計検査数

18,126

陽性率

14.0%

直近1週間の発生状況

729

70

730

76

731

53

81

58

82

72

83

48

84

89

 

神奈川県

83日までの市町村別感染者数

横浜市

1,119

川崎市

613

小計

1,732

占有率

65.0%

相模原市

167

藤沢市

138

横須賀市

88

大和市

78

小田原市

65

茅ヶ崎市

62

鎌倉市

52

小計

650

占有率

24.4%

その他

281

累計感染者数

2,663

 

横浜市

8月4日発表分

累計感染者数

1,141

現在感染者数

211

 現在感染率

18.5%

 軽症

168

 中等症

12

 重症

3

 無症状

28

 調整中

0

死亡

46

 致死率

4.0%

隔離解除者

884

直近1週間の発生状況

729

41

730

40

731

23

81

33

82

22

83

13

84

46

     

 

[ 2020年8月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産