アイコン 新コロナ 感染者治癒者の5~8割に後遺症 9月6日までの感染状況

 

スポンサード リンク
 

日本も8月から新コロナ感染者で治癒した2000人を対象に後遺症の研究を行うという。7月10日に発表され、8月からであり、やる気あんのかいなぁ。結果が出るのはいつになることやら。時間をかけすぎたら、示威的な結果をまた出すのではと疑われるもする。作詞作曲演出主演者が多い政治家の方々。

イタリア・ジェメッリ大学病院などの研究では、退院患者143人を追跡調査した結果、回復から平均2ヶ月の段階で、87.4%の患者に後遺症が見られるという。
だるさ・慢性疲労が53.1%、
呼吸困難が43.4%、
関節痛が27.3%、
胸痛が21.7%、
食欲不振、
めまい、
胃腸の痛み、
肌が黒くなる「皮膚疾患」、
頭の中にモヤがかかり、ぼんやりし記憶力が低下する「ブレーンフォグ」
など、4割以上の患者がQOL(生活の質)の悪化を訴えた。

気管支疾患など呼吸器の疾患を患った人ほど後遺症が長く続く傾向があるという。後遺症が長い人は1年以上続く人もいる可能性が指摘されている。
医学的には肺拡散容量の低下、呼吸筋力の低下、肺画像異常も見られるという。

感染して無症状の人でも後遺症として、
呼吸系に炎症が残って肺などの細胞に異常が生じて呼吸器系の症状が出るケース、
神経系にダメージが蓄積して味覚障害や嗅覚障害
の可能性があるという。

安倍首相がいくら検査数を増加させると言ってもなかなか増加させず抵抗し続けた厚労相と文科相、菅官房長官ら内閣構成メンバー。
安倍首相も新コロナのPCR検査数増加に対してだけは、内閣メンバーから否決材料ばかり出されたようだ。潰瘍性大腸炎が再発したのも彼らの責任の一旦があるのではなかろうか。
5月6日にiPs山中教授から京都大学にもPCR検査機器が眠っており、こうしたPCR:検査機器(最新式全自動/全国に35台)をフル動員すれば、日々10万件は検査できると言われ、よほどショックだったのではないだろうか。
日本を動かす策士家2人、二階氏は見える策士家、菅氏は見えない策士家、ともに1.5億円持って動き回る。


スクロール→

感染状況/厚労省発表分

 

9/5

8/1

7/1

5/25

国内

感染者数

70,592

36,081

18,545

16,445

  当日

598

1,535

125

20

検査数

1,414,717

714,089

396,911

233,399

  当日

11,930

9,606

6,564

1,611

空港検疫

感染者数

812

593

314

163

検査数

175,349

121,486

77,568

41,942

チャーター機

感染者数

15

15

15

15

検査数

829

829

829

829

合計

感染者数

71,419

36,689

18,874

16,623

 当日

600

1,540

125

21

検査数

1,590,895

836,404

475,308

276,170

 当日

13,451

11,167

7,864

2,256

当日国内陽性率

5.0%

16.0%

1.9%

1.2%

隔離解除者

62,076

25,906

16,772

13,810

重症者

211

83

37

155

国内死亡者

1,357

1,011

975

846

隔離解除率

86.9%

70.6%

88.9%

83.1%

国内致死率

1.9%

2.8%

5.2%

5.1%

確認中

99

59

8

20

現在感染者数

7,986

9,772

1,127

1,967

現在感染者率

11.2%

26.6%

6.0%

11.8%

検査能力数

62,210

35,664

30,770

未公表

 

[ 2020年9月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産