アイコン 朝霞駐屯地、BBQ開催で28人感染 全国の基地の女性隊員たち

 

スポンサード リンク
 

防衛省陸上幕僚監部は5日、朝霞駐屯地(練馬区)で同じ教育課程に参加した20代隊員らの新型コロナウイルス感染について休日に「3密」状態でバーベキューを行い、感染が拡大した可能性があることを明らかにした。
新たに1人の感染者が確認され、陽性者は計28人となった。いずれも女性隊員。
陸幕によると、教育課程を終え部隊に戻った9月30日以降、陽性者が相次いで確認された。
28人は北海道、青森、岩手、静岡、長野、京都、岡山、佐賀、沖縄など15都道府県の駐屯地に所属している。
教育課程は、女性隊員が対象で、7月上旬から9月下旬まで行われた。
隊員らは私的にバーベキューを企画し、休日だった9月26日に民間バスを利用して、埼玉県で日帰りで実施し、参加者44人のうち28人が感染した。BBQ会場では一部3蜜状態だったという。
(いくら休日だとしても上司の許可は取っていたはずだ)

気になること。

厚労省と専門家たちは結託してインフルエンザが流行期に入り、各自治体に対して10月上旬から新コロナ感染検査を絞り込むことにしていた。

彼らは病院が大切だとして、感染検査基準を大幅に引き上げた一次感染拡大期、それでいて、5月段階では、アジアではトップクラスの死亡率だった。人の命より病院が大事なのか。そうした結果から厚労省は5月8日より感染検査基準は取っ払った。しかし、各自治体はそれぞれ独自に対応している。検査は濃厚接触者までで、接触者に対する検査まではほとんど行っていない。感染者アプリの通知が来ても検査を受けられない事態が頻発している。
東京都も10月に入り、日に1万人の検査を突破したが、その後、減少させている。
10月以降の感染検査数には注目していきたい。


スクロール→

10月6日の東京都の新コロナ状況

陽性者数

26,727

 当日

177

検査数

未発表

 10月3日検査分

3,092

死亡者数

414

  致死率

1.6%

 当日

1

入院者数

976

 うち重症

25

自宅隔離数

401

施設隔離数

243

調整中

314

隔離解除数

24,379

現在感染者数

1,934

 

[ 2020年10月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産