アイコン 27日の大阪 8月21日以来の146人の新コロナ感染者

大阪の感染検査数はまだまだ少なすぎる。そこで大阪は診療所にもPCR検査をしてもらうことを決定、今後、大幅に増加する。インフルエンザと新コロナは症状が似ていることから判別がつかず、大幅に増加させることで新コロナの感染拡大に対する防疫対策を採るようだ。

GoToシリーズに人-人接触は多くなり、新コロナ大票田の関東からの観光客も当然増加し、感染が徐々に増加傾向にある。インフルエンザも毎年大量発生しているが、今年はマスクをしているせいか、インフルエンザ感染者は現在のところ少ないという。経済も大事だが、人の命も大事、両立させるには、感染リスクを減らすために個々人が防疫対策を基本に忠実に行い続けるしかない。新コロナ防疫対策は、インフルエンザ感染および感染死のリスクも大幅に引き下げる。

季節の低温・乾燥では、新コロナの寿命が長くなり、ドアノブなどによる接触感染の増加が危惧される。また、人の飛まつはより遠くへ飛ぶようになり、3蜜集団に離れた風下も危険領域に入る。

職場でもマスクを、手洗い・消毒の励行、可能な限り3蜜回避・・・

 

新コロナは、若い人が感染しても軽度であり問題ないとする自治体や政府広報、軽症治癒の若い人でもその後の後遺症に悩む人たちが多いとNHKが警告を発し続けている。

感染しないことが一番大事。

10月27日は全国で644人が感染し、累計では98262人、累計死亡者数は1733人。

まだ、全人口の0.078%しか感染していない。実際の感染者数が10倍だとしても0.8%、全人口の99.2%の1億2,480万人の人に感染リスクがある(感染抗体が1年間効果ありとして)。


スクロール→

大阪都の感染者数

2020

累計

月間

日平均

3

244

244

8

4

1,625

1,381

46

5

1,783

158

5

6

1,833

50

2

7

4,056

2,223

72

8

8,542

4,486

145

9

10,593

2,051

68

10/27日まで

12,231

1,638

61

1020日から日別発生件数

1020

65

日平均85

1021

82

1022

78

1023

100

1024

96

1025

70

1026

43

1027

142

 

[ 2020年10月28日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産