アイコン 新コロナ感染者数に見る北海道と福岡の違い 感染検査数の違い歴然

首都圏・全国からGoToイケイケどんどんでは、季節柄、福岡県より北海道へ出かける人たちが多いだろうが、人が新コロナウイルスを持っており、旅先で感染させるリスクも当然高くなっていることだろう。

しかし、それだけでは、その違いがわからない。

福岡県の7月からの感染拡大で誰が指示していたのか知らないが、それまで濃厚接触者でさえ症状がなければしていなかったPCR検査を、全員を対象にして行い続け、今日の成果を出している。

北海道は、低音、乾燥という季節の違いで感染が広がっているという至って常識的なことを根拠にしている専門家もいるが、感染者は誰からか感染させられていることから、また感染者が誰かに感染させた可能性があることから、濃厚接触者を根こそぎ感染検査するのは当然のことであるが、その努力が北海道と福岡県の違いになっていると見られる。

 

規制をせずに感染者を減少させるには、感染検査を接触者まで最大限増加させ、陽性者=感染者がさらに感染させないように隔離するしかない。これが感染症防疫対策の基本中の基本である。

スポンサーリンク
 

直近1週間の比較 北海道VS福岡県

 

 

感染者数

検査数

陽性率

北海道

115日までの1週間

580

8,039

7.2%

福岡県

116日までの1週間

51

6,528

0.8%

 

感染者が増加すれば、それだけ多くの濃厚接触がおり、調べ上げて感染検査をする必要がある。NYでは調べる専門者を大量に雇用して接触者を見つけ出し、感染検査を受けさせているほどだ。

 感染者が少なければ、これまで新コロナで落ち込んだ経済に対する対策をいろいろ講じられようが、感染者が増加すれば、それどころではなくなり、防疫対策に追われることになる。

経済が大事というならば、一方で感染者の増加を食い止め、減少させなければ、いつまで経っても本来の経済に戻らせることはできない。

それには誰が何と言おうと感染検査数を最大限増加し、感染者を世から隔離するしかない。知事や市長は誰のための知事なのか市長なのか問われることにもなる。

 そうしなければ、岐阜県で発生した豚ウイルスが周辺県から関東へ広がり、沖縄のアグー豚まで感染させた農水省の失態を繰り返すことになる。

新コロナと同じようなこうした事例からして政府に依存するのは金だけにし、現場を取り仕切る自治体が主体的に動く必要がある。

 福岡県も油断していたら、またあちこちで集団感染が一気に発生するおそれもある。

県民・道民が個人の防疫対策をしっかり励行し、GoToや規制を緩和した中で、自治体が感染検査により感染拡大を封じ込めるしか感染者数を減少させる道はない。

福岡県の人口510万人、北海道の人口523万人。

1107_01.jpg


スクロール→

月間と直近1週間の感染者数

福岡県

 

月間

累計

日平均

2月

 

 

0

3月

46

46

1

4月

595

641

20

5月

117

758

4

6月

92

850

3

7月

1,075

1,925

71

8月

2,670

4,595

144

9月

444

5,039

15

10月

187

5,226

6

11/6

42

5,268

7

死亡者数

104

 

 

直近1週間

 

感染者

検査数

陽性率

1031

9

 

 

111

5

 

 

112

4

 

 

113

2

 

 

114

9

 

 

115

5

 

 

116

17

1,527

1.1%

1週間

51

6,528

0.8%

日平均

7

933

 

累計

5,268

170,366

3.1%

 


スクロール→

北海道 新コロナ感染状況

 

月間

累計

日平均

1月

1

1

0

2月

100

70

3

3月

107

177

3

4月

590

767

20

5月

324

1,091

10

6月

172

1,263

6

7月

165

1,428

5

8月

353

1,781

11

9月

326

2,107

11

10月

1,029

3,136

34

11月

430

 

86

累計

3,566

 

 

死亡者数

110

 

 

直近1週間

 

感染者

検査数

陽性率

1030

69

 

 

1031

81

 

 

111

69

 

 

112

96

 

 

113

71

 

 

114

75

 

 

115

119

 

 

 週計

580

8,089

7.2%

日平均

83

1,156

7.2%

116

115

 

 

         

 

[ 2020年11月 7日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧