アイコン 愛知リコール 死者8千人も署名 どうやって書いたのだろう

愛知県の大村知事のリコール・解職請求に向けた署名の大半が有効と認められなかった問題で、提出された署名にはすでに死亡していた8000人分余りの物が含まれていたことがわかったと報道されている。
同一人物の押印や、期間外に書かれたとみられる署名も多数含まれていたという。
愛知県選挙管理委員会は、大村知事のリコール・解職請求に向けて提出された約43万5千人分の署名のうち、83%の36万1千票が有効と認められず、大量の署名が偽造された疑いがあるとして地方自治法違反の疑いで愛知県警察本部に告発し、すでに警察は、偽造を取り仕切ったと見られる印刷会社へ家宅捜査に入っている。また、警察は24日、各自治体に保管されている署名簿の差し押さえを始めている。

この問題で愛知県の選挙管理委員会は、有効と認められない署名の内訳として、同一人物により書かれたと疑われる署名が約90%、選挙人名簿に登録されていない人の署名が約48%などだったと公表している。

 

こうした署名には、署名活動が始まる前にすでに死亡していた人の署名が8000人分余りあったという。
さらに、母印の跡などから同一人物によって押印されたとみられる署名が10万8000人分余り、昨年8月25日から10月25日までの署名活動の期間ではない時期に書かれたとみられる署名が1万1000人分余りあったという。
警察は今後、押収した署名簿を詳しく調べ、捜査を進める方針。
以上、

佐賀市で名簿を署名簿に書き写したバイトの人たちも幇助により、何らかの制裁を受けるおそれがある。

有効署名数は全署名数435,000人のうち約74,000人、
リコールに必要な署名数は86万6000人分、
死者やお化けまで署名させ、実際は1/10も集めていなかった。
おもしろおかしゅうするには74000人で十分だろう。
2人の釈明はなんと金の玉のないやっちゃと思ってしまう。

[ 2021年2月25日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産