アイコン フィリピン来年大統領選 娘が大統領、ドウテルテが副大統領の可能性大


任期を6年1期までとしているフィリピンの大統領制。ドウテルテ大統領は来年6月で任期満了となり、その前に大統領選挙が行われる。

フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの娘と関係者は、来年5月の大統領選に立候補しないと宣言した。
しかし、過去数ヶ月にわたってフィリピンの主要な政治ブロックと数ヶ月にわたって会合を開いており、多くの人が懐疑的に見方が出ている。

現在ダバオの市長である娘のサラ・デュテルテ・カルピオは、木曜日に、彼女の父親が副大統領に立候補することを決定したため、彼女は大統領選に立候補しないだろうと述べた。

娘のカルピオはメディアのインタビューで、「私は、2022年に私たちのうちの1人だけが、国の地位に立候補することに同意したので、(私は)国の地位に立候補しません」と述べていた。

スポンサーリンク

ドゥテルテ大統領は水曜日に党による副大統領指名を受け入れた。
彼は大統領として2期目を求めることを憲法上禁じられており、アナリストは彼が国内で2番目に高いポストに立候補することによって規則を回避する見込みだとしている。

彼の支持者たちは以前、娘のドゥテルテ・カルピオが大統領に立候補し、彼女の父親が副大統領に就任したドゥテルテ親子の正副大統領のアイデアを浮かび上がらせていた。

ドゥテルテ大統領は、以前、ダバオ市長だったが、任期の制限のためにその役職に立候補することが許可されなくなったとき、彼は副市長を務め、娘のドゥテルテ-カルピオを市長にさせた経緯がある。

ここ数ヶ月に実施された調査では、2022年の大統領選の最有力候補として若い娘のドゥテルテが示されている。
娘のサラ・ジマーマン・カルピオのイメージと彼女に走るように促すスローガンを載せた巨大なバナーも全国に現れている。

彼女は、主要な政党や著名な政治家との会合を開き、憶測を鎮めるためにほとんど何もしていない。その中には、副大統領として立候補することを申し出た人もいる。

ソーシャルメディアでは、Facebookのグループや数十万人のフォロワーがいるページにも「Run、Sara、Run」というスローガンが表示されている。

10月8日まで正式に立候補する必要がある。ただし、11月15日までは候補を取り下げることができる。または、代わりの候補者を見つけることができれば、候補を取り下げることもできる。

2015年、ある候補者が市長選でドゥテルテを脱落させたとき、ドウテルテは大統領選に立候補することを申請した。それ以前、彼は大統領選に立候補しないと述べていた。

木曜日の後半、娘のドゥテルテ・カルピオが、父親が副大統領の立候補を取り下げた場合に大統領に立候補するかどうか尋ねられたとき、彼女はフィリピン・デイリー・インクワイアラー紙に次のように語った。 現時点では(それについて)答えることはできません」と。

政治的亀裂
水曜日、与党のPDP-ラバン党は、支持率90%を有するドゥテルテ大統領を副大統領候補に指名し、彼の最も信頼できる補佐官であるボンゴー上院議員を大統領に指名した。しかし、ボンゴー氏は指名を受け入れることを拒否した。以前、彼は大統領選に立候補する最終決定をドゥテルテ家に任せると言っていた。

ここ数ヶ月、サラ・ジマーマン・カルピオに2022年5月に大統領に立候補するよう促す巨大なバナーが全国に登場した。
ドゥテルテ自身の政党内にも分裂の可能性も出ている。国際ボクシングチャンピオンの上院議員マニーパッキャオが率いる別の派閥も、候補者を指名すると述べた。

上院議員のスポークスマンであるロンヴァルト・ムンサヤック氏によると、彼自身の大統領選挙を検討していると言われているパックアイオ氏は、9月19日までに決定を下す予定。

パックアイオ氏は、現在ドゥテルテの本拠地である南部のミンダナオからも受け入れられている。
木曜日に、ムンサヤックは、ドゥテルテとゴーによる発表は、娘のドゥテルテ・カルピオの名前に言及することなく、「ダバオの別の候補者のための煙幕」であったと述べたと伝えられている。

ABS-CBN Newsとのインタビューで、政治アナリストのキャシプルは、立候補の提出期限が過ぎるまで、フィリピン人はDuterte-Carpioの宣言を「信じてはならない」と述べた。

キャシプルは、ドゥテルテが1年以上前に彼に、彼の娘が大統領として彼の後を継ぐことを望んでいると言ったと述べていた。 
「これらすべての操作、今日あなたが目撃しているすべての操作は、実際にはもっと戦術的です」と彼は述べている。
ソーシャルメディアで、別の政治アナリスト、リチャード・ヘイダリアンは、娘のドゥテルテ・カルピオの宣言について尋ね、「彼らは別の台本を持っていないのですか?」と述べた。
ドゥテルテは来年の辞任後、いわゆる麻薬戦争をめぐる国際刑事裁判所での起訴の可能性を含め、訴訟に直面する可能性があるため、政治アナリストは、大統領が後継者に彼を起訴から隔離することを望んでいると述べている。

娘のドゥテルテ・カルピオの地方党Hugpong ng Pagbabago(Alliance for Change)の事務局長であるAnthony del Rosarioは金曜日に、ドゥテルテ大統領が再考する可能性があると国営テレビチャンネルPTVに語った。娘に大統領選に出馬するように説得しているという。
「私たちはまだ楽観的であり、市長が10月に考えを変えることを期待しています」と述べている。

0910_07.jpg
 

[ 2021年9月10日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧