アイコン 海上自衛隊 三隻目の音響「あき」就役


0306_01.jpg海上自衛隊の音響測定艦「あき」が完成し、防衛省への引き渡し式が3月4日、三井E&S造船の玉野艦船工場(岡山県玉野市)で行われた。

音響測定艦は1992年3月に就役した「はりま」以来29年ぶりで3隻目。呉基地に所属し、対潜水艦戦を有利にするための音響情報などを把握するのが狙い。

「あき」は、SURTASS(サータス)と呼ばれる音響測定システムをえい航し、潜水艦のスクリュー音などを収集する。建造費は約226億円。

艦名は「安芸灘」に由来。航行の安定性向上などのため双胴船になっており、ヘリコプターの発着甲板も備える。クルー制の導入で、3隻の音響測定艦に4グループが交代で乗艦する。

以上、

北はロシア極東艦隊の潜水艦、西日本の西側では無鉄砲で無秩序な北朝鮮軍と韓国軍の潜水艦の動向、南は鹿児島から与那国島-台湾水道に至る島嶼間を通り、太平洋に至る各種攻撃用中距離ミサイル搭載の中国軍潜水艦や艦艇の活動把握と識別作業は今や防衛の要となっている。

南シナ海を国際司法裁判所の判決にも従わず一方的に領有を主張するなど中国の一帯一路軍事覇権戦略は激しくなるばかり、このままではベトナムや周辺国との戦争は必至。

今や中国はインフラ整備支援を口実に相手国を借金の漬物国にして経済支配、世界へ軍事進出する好戦国に化かしている。

スポンサーリンク

スクロール→

音響測定艦「あき」

 

建造所

三井E&S造船 玉野艦船工場

 

運用者

海上自衛隊

 

艦種

音響測定艦

 

級名

ひびき型

 

建造費

226億円

 

艦歴

 

計画

平成29年度計画

 

発注

201821

 

起工

201935

 

進水

2020115

 

就役

202134

 

要目

 

基準排水量

2,900トン

 

満載排水量

3,800トン

 

全長

67.0m

 

最大幅

29.9m

 

深さ

15.3m

 

吃水

7.5m

 

機関

ディーゼル・エレクトリック方式

 

主機

・ディーゼルエンジン × 4

 

・推進電動機 × 2

 

推進

スクリュープロペラ ×2

 

出力

3,000PS

 

速力

11ノット

 

乗員

40

 

搭載機

ヘり着艦スペースのみ

 

ソナー

AN/UQQ-2

 

・音響調査艦は3隻体制。ひびき型音響測定艦、「ひびき」、「はりま」、「あき」。

 
 

 

[ 2021年3月 6日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧