アイコン 韓国仮想通貨取引所上場 5円が30分で5380円に 狂気の暴騰 ARW キムチプレミアム

シンガポールの韓国系仮想通貨業者が発行した仮想通貨が20日、韓国の取引所に上場され、1076倍も高騰する事態となった。

韓国政府が前日、仮想通貨を巡る不法行為を大規模に取り締まると表明したが、狂気的な投機を阻むことはできなかった。

仮想通貨取引所ビットサム(Bithumb)によると、同日午後2時半に50ウォンで取引が始まった「アロワナトークン(ARW)」は午後3時1分に5万3800ウォンまで上昇した。わずか30分で1076倍という異例の上昇率を示した。

価格はそれ以降反落したが、午後9時時点でも413倍の2万660ウォン前後で取引された。

ARWはアロワナテクという業者が、新たな金取引環境を構築するために発行した仮想通貨。

最高経営責任者(CEO)のユン・ソンホ代表をはじめ、経営陣は全員が韓国人。

同社はARWを使える仮想現実型のショッピングモールを開設し、そこでさまざまな貴金属を売買できるようにする計画。

 

ARWは最近、ソフトウエア企業「ハングルとコンピューターグループ」の系列企業であるハンコム・ウィズが出資したことで話題になっていたという。

以上、韓国紙参照、

この暴騰はキムチプレミアム、臭すぎる。

韓国人の異常さを現したもの。

なお、1ウォンは正確には20日現在0.096696円だが、ここでは0.1円として換算している。

 

追、ビットコインはここ1週間、690万円から611万円台まで下げている。ビットコインファンドなど仮想通貨は多岐に渡り、証券類に化かしており、根を金融市場に直接下ろしはじめている。現在調整機関に入っているが、これまでは仮想通貨市場だけの動きであったが、新たなる商品が金融市場で開発され、再度高騰局面を迎えるものと見られる。仕掛けた人は当然、利益を稼ぐためであり、インサイダーもクソもない仮想通貨の世界、よほどのことがない限り、高騰するしかなくなっている。

テスラのマスク氏がビットコイン買ったよとツイッターしてから、一時40%あまり上昇し、現在でも25%高になっている。汗水流して製品作って販売し、25%の利益を得るのは並大抵ではない。韓国は失業問題があり、株価は1月10日まで新コロナ事態や半導体好調から上昇したが、それ以降、レンジを小さくしてあがったり下がったりしており、失業している暇人たちに妙味をもたらさない。総じて上げ基調にある仮想通過が荒稼ぎの場となっている。

 

[ 2021年4月21日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧