アイコン 日本、米メディアから痛烈な 批判  「日本が感染の収束に失敗した」その理由は?

報道によれば・・・

東京や大阪など4都府県への緊急事態宣言が決まったことを受けて、アメリカメディアは「日本が感染の収束に失敗した」などと批判的に報じました。

23日付のニューヨーク・タイムズは日本の緊急事態宣言について、「4月初めに10の都府県に緩い制限をかけたが、感染の収束に失敗した」と報じました。

宣言の内容については、「他国のようなロックダウンには至らない」としています。

一方、AP通信は「日本が変異ウイルスによる感染を抑制できなかった」としたうえで、高齢者施設や若者への検査数が不十分だと解説しています。

また、ワクチン接種については「多くの国に遅れをとり、人口の約1%しかカバーできていない」と批判しています。

以上、報道より参照


 

 
 

ネットの反応では・・・

「アメリカのように爆発的に感染者出てれば必死になったかもしれないけど・・・」

「いやーあんたらに言われたくないわー」

「まだ死者数半端ないやんか」

「アメリカが日本に興味持ってると思えない、朝日御用達記者かな?」

「まあ余所ほど酷くないからな、余裕かましすぎたんだろう」

「アメリカと同じだけやってたら撲滅できそう」

などの声があがっている。

 

日本政府の必死さが足りないのはその通りだろう。

 

 

[ 2021年4月24日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧