アイコン 福岡市長も夢見たロープウェー「YOKOHAMA AIR CABIN」みなとみらいに完成

横浜市のみなとみらい地区で、大観覧車や運河の様子などを一望できる全長600メートル余りのロープウェーが完成し、今月から運行を始める。都心部にある常設のロープウェーは国内初となる。
最も高いところで地上40メートルの高さがあり、大観覧車やランドマークタワーなどみなとみらい地区の風景を一望できる。

キャビンは8人乗りで、片道5分ほどの空中散歩を楽しめるほか、夜間はキャビンが光り、横浜の夜景に新たな彩りを添える。

ロープウェーは今月22日に開業予定で、料金は大人が片道1000円、子どもが500円で、午前10時から午後10時までの営業。

 

以上、
福岡市でも市長が博多駅から築港までのロープウェー構想を発表したが、渋滞緩和など屁理屈を設けたため、議会で否決され、断念した経緯がある。最初から純然たる観光目的にしたら違っていたかもしれない。

長崎でも稲佐山のロープウェーの長崎駅近くまでの延伸計画があったがどうなったのだろうか。


0402_02.jpg

[ 2021年4月 2日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧