アイコン 五輪選手村の「HARUMI FLAG」全24棟 11月に2期販売開始へ

「HARUMI FLAG」(24棟/計5,632戸)の住宅分譲街区の売主10社(住友不動産、大和ハウスなど)は、販売スケジュールや最新の周辺開発状況を含む物件概要などを更新し、物件オフィシャルサイトをリニューアルした。

第32回オリンピック競技大会・東京2020パラリンピック競技大会の開催延期決定を受け、パビリオン見学会を一時休止し、「SUN VILLAGE」第1期及び「SEA VILLAGE」第2期の販売開始を延期していたが、販売開始時期を2021年11月中旬(予定)とすることを物件オフィシャルサイトにて公開した。

併せて、パビリオン見学会再開に向けて、感染症予防対策や周辺開発の情報更新など、プレゼンテーションコーナーの一部リニューアル工事も行っている。
「HARUMI FLAG」はオフィシャルサイトを開設した2018年10月31日から物件エントリーは36,000件を超え、パビリオン見学会一時休止期間中においても5,000件を超えるなど、引き続き多くの関心が寄せられている。
今後は、見学会再開前に、販売スケジュールの詳細やリニューアルするパビリオンについて、改めてご案内する予定。
以上、リリース(URL: https://www.31sumai.com/mfr/X1604/

 

当分譲マンション群は、完成後、東京オリパラの選手村に活用するため東京都に貸し出すことを条件に建築された。完成後東京都が現在も借用中になっている。
オリパラが終了後、売主10社は改修工事を行い分譲する。

売主10社とは、
三井不動産レジデンシャル(株)
大和ハウス工業(株)
三菱地所レジデンス(株)
野村不動産(株)
住友不動産(株)
住友商事(株)
東急不動産(株)
東京建物(株)
NTT都市開発(株)
日鉄興和不動産(株)

0625_08.jpg
 


 

[ 2021年6月25日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧