アイコン 5月の首都圏分譲マンション発売動向556%増/不動産経済研究所

 

不動産経済研究所は5月の首都圏の分譲マンションの発売状況を発表した。
◎発売2,578戸、前年同月比は昨年の新コロナ減で556.0%増、19年5月比でも16.9%増。
◎平均価格は5,908万円、㎡単価は93.2万円といずれも下落。
◎在庫は圧縮進み、昨年11月の6,841戸以来の6,000戸台に。

1、発売戸数
発売2,578戸、対前年同月の393戸比で2,185戸増、556.0%増、対前月の2089戸比で489戸増、23.4%増。

2、初月契約率は69.3%、前年同月比▲3.0ポイントダウン、前月比では▲4.3ポイントダウン。 2021年4月73.6%、3月73.6%、2月76.0%

3、平均価格・㎡単価
戸当り平均価格は5,908万円、1㎡当り単価は93.2万円。
前年同月比では平均価格は▲577万円安、▲8.9%ダウン、㎡単価は▲15.2万円安、▲14.0%ダウン。
前年同月比では平均価格が3ヶ月ぶり、㎡単価は2ヵ月ぶりのダウン。

4、販売在庫数
5月末時点6,789戸、前月末比228戸の減少(2021年4月末7,017戸、2020年4月末7,773戸)。

5、即日完売物件
1物件9戸で、ガーラ・レジデンス横浜港北1期 横浜市港北区9戸4,642万円/73.7万円/先着順

6、超高層物件
5月の20階以上の超高層物件は16物件・計410戸、契約率77.1% (前年同月はゼロ)

7、地域別発売戸数とシェアは、
東京23区は1,207戸(シェア46.8%)、
東京都下は106戸(同4.1%)、
神奈川県は628戸(同24.4%)、
埼玉県は421戸(同16.3%)、
千葉県は216戸(同8.4%)。
東京都のシェアは50.9%。

8、地域別平均価格・㎡単価 (対前年同月比)
東京23区は▲11.4%安の6,934万円、▲14.2減の121.3万円、
都下は26.9%高の5,278万円、28.0%上昇の81.3万円
神奈川県は6.8%高の5,385万円、9.7%上昇の79.5万円、
埼玉県は29.7%高の4,682万円、2.0%上昇の67.5万円、
千葉県は13.4%高の4,399万円、7.7%上昇の60.1万円

9、6月の発売戸数予測
2021年6月の発売戸数は2,500戸程度の見込み (2020年6月1,543戸、2019年6月2,259戸)。
以上、

 

[ 2021年6月18日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧